「すっきり」と「さっぱり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「すっきり」と「さっぱり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「すっきり」「さっぱり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「すっきり」とは?

「すっきり」の意味と使い方について紹介します。

「すっきり」の意味

「すっきり」は、「余計なものがなく、気持ちの良い様子」「洗練されていて好ましい様子」「何も残らない様子」「ちっとも~ない」です。

「すっきり」の使い方

「すっきり」は、日常で使う場合には以下の2つの意味になります。

1つ目は「余計なものがなくて、気持ちの良い様子」という意味で、「頭がすっきりする」などと言います。

心に全く引っかかるものがなく、気持ちがはればれとする様子に使われます。

2つ目は「服装や姿勢などが洗練されていて、好感が持てる様子」という意味で、「すっきりと着こなす」などと言います。

2つに共通するのは「余計なものやわずらわしいものがなく、気持ちが爽快になること」という意味です。

「さっぱり」とは?

「さっぱり」の意味と使い方について紹介します。

「さっぱり」の意味

「さっぱり」「不快なことやわずらわしいことが消えて気持ちに良いこと」「しつこくない、嫌味がない様子」「後に残さない様子」「全く~ない」「ものごとが好ましくない状態」という意味です。

「さっぱり」の使い方

「さっぱり」は、日常でよく使われる言葉で、以下の5つの意味があります。

1つ目は「不快なことやわだかまりが消えて気持ちが良いこと」という意味で、「お風呂に入ってさっぱりする」などと言います。

2つ目は「しつこくなくさらりとしていること」という意味で、「さっぱりした味」などと言います。

3つ目は「すっかり」と同じ意味として、「さっぱりとあきらめた」などと言います。

4つ目は「全く~ない」という意味で、「最近さっぱり見ない」などと言います。

5つ目は「ものごとが非常に良くない様子」という意味で、「売り上げがさっぱりだ」などと言います。

非常に幅広い意味で使われる言葉ですが、はればれとするというよりは「全て取り払う」という意味で使われることが多くなります。

「すっきり」と「さっぱり」の違い!

「すっきり」「わずらわしさがなくなり、気持ちが爽快になること」です。

「さっぱり」「全て取り払われた状態」です。

まとめ

今回は「すっきり」「さっぱり」の違いをお伝えしました。

「すっきりは爽快」「さっぱりは取り払われた状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典