「ずば抜ける」の意味とは!由来や類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ずば抜ける」とは?意味

「ずば抜ける」とは、「普通のものよりかなり高いレベルで優れている」「群を抜いて勝っている」というような意味を持つ表現です。

「ずば抜ける」の表現の使い方

「ずば抜ける」「他と比べて桁違いに優れている」という意味で解釈することができますので、何か他のものと比較した時に、飛び抜けて高いレベルの状態にある時に使われることになります。

「ずば抜ける」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ずば抜ける」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「ずば抜ける」を使った例文1

「山中選手は、ずば抜けた才能を持っているので、これまでの記録を大きく塗り替えることになった」

スポーツの世界でも、「ずば抜ける」という言葉をよく耳にします。

プロ野球やサッカーや、オリンピックの選手でも、「ずば抜けた」能力と才能をいかんなく発揮して、前人未到の大記録を打ち立てることがあります。

しかし、このように「ずば抜ける」という言葉が当てはまる人は、元々備えていた才能を発揮したのではなく、たゆまぬ努力の結果であることが多いと思います。

どんなに優秀な選手でも、何度かは大きな挫折を味わってきたはずです。

それでも地道な努力が花を咲かしたと言えるでしょう。

「ずば抜ける」を使った例文2

「リーダーのずば抜けた記憶力と判断力で、この難局を乗り越えることができたのだ」

人は難しいことにぶつかると、冷静な判断ができないものですが、この例文に見るように「ずば抜けた」記憶力と判断力で不可能だと思えることも、乗り越えることができることがあります。

このような才能を持っている人こそ、真のリーダーの資質を備えていると言っていいでしょう。

「ずば抜ける」の類語や類義語

「ずば抜ける」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような類義語があるかを見ていくことにします。

「秀でる」【ひいでる】

「秀でる」という言葉が「ずば抜ける」の類義語として挙げることができるでしょう。

「他者よりも特に優れていること」「抜きんでる」という意味で使われています。

「際立つ」【きわだつ】

「際立つ」「ずば抜ける」に近い意味を持つ言葉ですが、「他のものと区別してはっきりと目立つさま」という意味で理解できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典