スポンサーリンク

「ずぼら」と「だらしない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ずぼら」と「だらしない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ずぼら」「だらしない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ずぼら」とは?

「ずぼら」は行動や性格を表す言葉で、だらしないことを意味します。

「ずぼらな性格」「ずぼらで困る」といった使い方がされます。

性格が「ずぼらだ」といわれる人には、細かいことを気にすることができない、手間をかけることを嫌がるといった特徴があります。

「だらしない」とは?

「だらしない」には、節度がないこと、整っていないこと、根性がないことという意味があります。

節度がないという意味で使われるときは「お金に関してだらしない」といった表現をします。

整っていないという意味では「だらしなく座る」といった使い方をします。

根性がないという場合には「すぐにへばるなんてだらしない」のような表現がされます。

「ずぼら」と「だらしない」の違い

「ずぼら」「だらしない」の違いを、分かりやすく解説します。

「ずぼら」は行動や性格を表す言葉で、だらしないことを意味します。

品詞は名詞・形容動詞です。

「だらしない」は節度がないことや整っていないことを表す言葉で、品詞は形容詞です。

「ずぼら」は、だらしないことを表すので、どちらの言葉もほぼ同じ意味で使われています。

まとめ

「ずぼら」「だらしない」も大きな意味の違いがありませんが、「だらしない」は体力や気力に関しても使われる点で違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典