「そっとしといて欲しい」と「距離を置きたい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「そっとしといて欲しい」と「距離を置きたい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そっとしといて欲しい」「距離を置きたい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「そっとしといて欲しい」とは?

「そっとしといて欲しい」の意味と使い方について紹介します。

「そっとしといて欲しい」の意味

「そっとしといて欲しい」とは「構ってほしくない」という意味です。

「そっとしといて欲しい」の使い方

「そっとしといて欲しい」は、相手に対して「構って欲しくない、連絡して欲しくない」ことを言います。

自分は放っておいて欲しいのに、相手の方から「どうしたの」「何かあったの」などと接してくる時に、相手にお願いする言葉です。

自分の気持ちが落ち込んでいて誰とも話したくない時など、基本的に内面が弱っている時に使います。

恋愛の場合、相手への気持ちが冷めてしまっているにもかかわらず、相手から何度も連絡が来る時などに、「しばらくそっとしといて欲しい」と使うことが多くなります。

「距離を置きたい」とは?

「距離を置きたい」の意味と使い方について紹介します。

「距離を置きたい」の意味

「距離を置きたい」は、「一定期間は相手と会いたくない」という意味です。

「距離を置きたい」の使い方

「距離を置きたい」は、ある一定期間は相手と会いたくないということを言います。

相手とかかわりあいたくない、連絡を一切取りたくないという意思表示です。

どれくらいの期間なのかは、相手との関係や、距離を置きたい理由によって変わります。

恋愛関係でケンカした場合は1ヵ月位、相手への気持ちが冷めた場合には3ヵ月以上、人間関係のトラブルは一生になることもあります。

「距離を置きたい」は、相手に対してお願いするのではなく、自らを相手から遠ざける言葉です。

「そっとしといて欲しい」と「距離を置きたい」の違い!

「そっとしといて欲しい」「構って欲しくない、連絡して欲しくないこと」です。

「距離を置きたい」「一定期間は相手と会いたくないこと」です。

まとめ

今回は「そっとしといて欲しい」「距離を置きたい」の違いをお伝えしました。

「そっとしといて欲しいは相手へのお願い」「距離を置きたいは自分から離れる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典