スポンサーリンク

「そつなく」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「そつなく」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、そつなくの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

そつなくとは?意味

そつなくとは、抜かりなく物事を問題なくこなせるという意味があります。

どのようにやればうまくこなせるかを考えて物事に取り掛かり、順序よく最後まで仕上げるという意味合いもある言葉です。

そつなくの概要

ぬかりなく取り掛かり、物事を問題なくこなしていく様を指すそつなくとは、欠けている部分もなく、正確に完成させていくときに使います。

優れた技術を持って要領よくこなせば失敗もなく、完璧なものを作り上げ、手落ちなく効率よく仕上げられます。

そつなくこなすには、全体的になにをどのような手順でこなしていけばスムーズに終わらせられるかチェックすることが大事です。

頭の中でやるべきことや手順を一度想像することも時間を有効的に使い、仕上げるために取り入れるべきこと。

ビジネスシーンではやるべきことをいかにトラブルなく仕上げるか余裕を持って取り掛かり、十分に満足いく仕事をすることが求められます。

そつなくの言葉の使い方や使われ方

ビジネスシーンでのそつなくの使い方は、社員が仕事を順調にこなしているときに「そつなくこなしている」と使います。

また、「あの人はそつなく仕事をこなせる人で頼りになる」と使うときの意味は、いかに尊敬できる人か気持ちを込めて表せる言葉です。

そつなく仕事ができる人は頼りがいがありますし、信用と信頼も集める人になります。

要領もよく、抜かりなくできるという意味もありますので、新入社員であってもそつなく仕事ができる人は高い評価を得られるのです。

そんなそつなくは「私はそつなく仕事をこなせます」と自分をアピールするときに使うよりも、「あの人はそつがない」「うちの課の部長はそつがない」など人を褒めるときに使います。

いい意味で使える言葉でもありますから、難しい仕事でも正確に処理ができる人や、どんなトラブルでも落ち着いて解決できる人、何をさせてもその状況に応じた解決ができる人に対して使う言葉ですので、素敵だ、素晴らしいと感じるときに使うといいでしょう。

そつなくを使った例文(使用例)

・あなたは難しいことでもそつなくこなして素晴らしい。

人ができないようなことでもなんなくこなせるそんなところが素晴らしいと褒めるときに使います。

こう言われた方も嬉しく感じ、いい気分になる例文です。

・○○さんはすぐに物事を理解してそつなくこなせるところが素敵だ。

すぐに物事を理解し、どのようにこなせばうまくできるかを考えられるところも素敵だとかなり褒めたいときに使える例文です。

・あなたのそんなそつなくこなせるところが好き。

何でもこなせる男性は魅力的なもの。

女性から見てさっさと物事をやれる人だからこそ素敵だと感じるときに使う例文です。

まとめ

難しい難題にもすぐに取りかかり、問題なくやれてしまう人に対してそつなくという言葉がよく使われます。

そつなく何でもできる人は職場でも尊敬されますし、家でも頼れる人と家族の期待を集める人になれます。

そんな尊敬される人になりたいと思うときは、スムーズにこなせるよう全体を見て、自分なりに問題なくこなせるようにしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典