「その」と「この」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「その」と「この」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「その」「この」の違いを分かりやすく説明していきます。

「その」とは?

「その」の意味と使い方について紹介します。

「その」の意味

「その」は漢字で「其の」と書きます。

意味は「空間的、心理的に、相手に近い人や物を指す」「相手が現在関わっている事柄や場面を指す」「現在話題に出ている、または今話題になったばかりの事柄を指す」「全体を幾つかに分けた、ある一部を指す」「クッション言葉として使う」になります。

「その」の使い方

「その」は、会話をしている場合、聞き手に近い場所や、聞き手に属しているものを表す時に使います。

空間的、時間的、心理的に、話し手と聞き手の中間に当たるものを表す言葉です。

「そのペンを取って下さい」は、相手に近い距離にあるペンのこと、或いは相手が使っているペンのことを表します。

また、「その時の心境」など、遠くない過去に対して使われたり、「其の一、其の二」など、話題の中である一部分を表す時にも使われます。

「この」とは?

「この」の意味と使い方について紹介します。

「この」の意味

「この」は漢字で「此の」と書きます。

意味は「空間的・心理的に、自分に近い人や物を指す」「自分が現在関わっている事柄や場面を指す」「日にちや時間を表す言葉のうち、あまり遠くない過去や、ごく近い未来を指す」になります。

「この」の使い方

「この」は、会話をしている場合、話し手に近い場所や、話し手に属しているものを表す時に使います。

空間的、時間的、心理的に、話し手のすぐ間近に当たるものを表す言葉です。

「この単語はどういう意味ですか?」などは、話し手がその単語を相手に見せながら使う言葉です。

また、「この調子でいけば」など、自分が現在関わっていることがらに対しても使われたり、「この春」「この月末」など、直近の過去や未来に対しても使われます。

「その」と「この」の違い!

「その」「相手に近い場所や関係を表す言葉」です。

「この」「自分に近い場所や関係を表す言葉」です。

まとめ

今回は「その」「この」の違いをお伝えしました。

「そのは相手に近い」「このは自分に近い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典