「そのとき」と「そんなとき」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「そのとき」と「そんなとき」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そのとき」「そんなとき」の違いを分かりやすく説明していきます。

「そのとき」とは?

「そのとき」の意味と使い方について紹介します。

「そのとき」の意味

「そのとき」「前に述べたある時点での様子を表す言葉」です。

「そのとき」の使い方

「そのとき」は、一度話題に上った中で、ある時点に限定して様子を表す言葉です。

ある時点で起きたことや、その時だけの状況を表す時に使います。

「その」「其の」とも書き、「すぐ前に話題にしたことや、お互いに了解している事柄であること」という意味です。

一度内容や状況を述べて、とある地点で何らかの変化が起きた時などに「そのとき」と使います。

「そのとき地震が起きた」「そのときはどう思った」など、正にある時点での状況や心理を表す時に使う表現です。

「そんなとき」とは?

「そんなとき」の意味と使い方について紹介します。

「そんなとき」の意味

「そんなとき」「前に述べたことと似た様な状況であることを表す言葉」です。

「そんなとき」の使い方

「そんなとき」「その様な時」が口語化した言葉で、「少し前に起きたこと」「相手もよく知っていること」があり、それと似ている状態になった時点のことを言います。

全く同じではないけれども、ほぼ同じ様なことに対して使われます。

「そんなときにはどうする」など、仮定として使われたり、「そんなときもある」など、ものごとを達観する時などにも使われます。

口語的な言葉ですので、ビジネスの場で使う場合には「その様な時」と言いましょう。

「そのとき」と「そんなとき」の違い!

「そのとき」「前に述べたある時点での様子を表す言葉」です。

「そんなとき」は「前に述べたことと似た様な状況mであることを表す言葉」です。

まとめ

今回は「そのとき」「そんなとき」の違いをお伝えしました。

「そのときは正にその瞬間」「そんなときは似た様な状況も含める」と覚えてきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典