スポンサーリンク

「その旨を伝える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「その旨を伝える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「その旨を伝える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「その旨を伝える」とは?意味

中心となる事柄を相手に知らせるという意味です。

「その」は指示語で、近い範囲にあるものや、聞き手が向かい合っている場面や事柄のことを意味します。

前にくる言葉によって、そのが指しているものが変わってきます。

「旨」は中心となること、言おうとしている意味、言おうとしている事柄のことです。

「伝える」には相手に知らせるという意味があります。

口でいったり、文章で知らせたりすることをいいます。

「その旨を伝える」の概要

「その」は指示語で、同じ言葉を繰り返すことを避けるときに使われます。

聞き手が向かい合っている事柄を「その」が指しており、その中心となる事柄を相手に知らせることや、自分が言いたい事柄を伝えることを「その旨を伝える」といいます。

宅配業者が自宅に荷物を届けにくることで説明をします。

エントランスがオートロック式のマンションの場合、宅配業者はまずエントランスで各配達先のインターホンを鳴らします。

一度にいくつもの部屋のインターホンを鳴らすことは珍しくありません。

その後に、各部屋に荷物を持って行きます。

配達業者の人が1人の場合、順番にまわっていると時間がかかります。

そのため、エントランスからインターホンを鳴らしてから、部屋まで宅配業者がくるまでに10分以上かかることがあります。

これから出かけようとしていたとします。

バスや電車の時間があるため、すぐにでも家を出たいのですが、宅配業者がやってくるので、それまで待っていなければなりません。

順番にまわると言っていたので、自分のところにくるまでにはまだ数分かかりそうです。

待っていては電車に遅れてしまう可能性があり困ります。

そこで、エントランスでインターホンを鳴らされたときに「これから出かけるのですぐに来てもらえますか」と伝えました。

それによって、宅配業者はすぐに自宅に来てくれました。

この出来事を友達に伝えたとします。

そのときに、「出かけるときに宅配業者がきて、早く来て欲しいからこれからでかけるから早くきて欲しいと伝えたんだよ」ということもできますが、同じようなことを何度も繰り返すとしつこく感じます。

別の言い方もできて、「これから出かけるから、宅配業者にその旨を伝えたんだ」ともいえます。

「その旨」で同じような事柄の繰り返し使用を避けています。

「その旨を伝える」の言葉の使い方や使われ方

今話題になっている事柄や前の事柄を受けて使用する言葉です。

いきなりこの言葉だけで使用することはありません。

「その旨を伝える」の類語や言いかえ

「そのことを伝える」が似た意味の言葉です。

まとめ

人と話したり、文章を書いたりするとき、何度も同じような言葉を使うことがあります。

同じことを何度も言ったり書いたりしているとしつこいです。

繰り返しを避けるために「その」を使うことがあります。

「その」が指す事柄を相手に知らせるという意味の言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典