「たけのこの里」と「きのこの山」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「たけのこの里」と「きのこの山」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「たけのこの里」「きのこの山」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「たけのこの里」とは?

「たけのこの里」の意味と概要について紹介します。

「たけのこの里」の意味

「たけのこの里」とは「明治が販売する人気のお菓子で、クッキーとチョコでできていて、たけのこの形をしている」です。

「たけのこの里」の概要

「たけのこの里」は、明治が販売するお菓子で、クッキーとチョコで小さなたけのこの形をしたものです。

特徴は、バターと砂糖を多めに使用しているクッキーの甘さが引き立ち、チョコが香ばしく感じることです。

「たけのこの里」は、同社の商品「きのこの山」と比較されて、「きのこたけのこ論争」など、どちらが美味しいか競い合っています。

2001年には第1回「きのこたけのこ総選挙」が行われ、2018年の第2回まで「たけのこの里」が勝利していました。

しかし2019年の第3回には「きのこの山」に敗北したのです。

「きのこの山」とは?

「きのこの山」の意味と概要について紹介します。

「きのこの山」の意味

「きのこの山」「明治が販売する人気のお菓子で、クラッカーとチョコでできていて、きのこの形をしている」です。

「きのこの山」の概要

「きのこの山」は、明治が販売しているお菓子で、クラッカーとチョコで小さなきのこの形をしたものです。

特徴は、甘味を抑えたクラッカーにより、チョコの甘さが引き立つという点です。

最初の頃は「クラッカーの部分が折れているものが多い」「口の中でおさまりが悪い」などの評価がありましたが、2019年には「たけのこの里」に勝利して売り上げが伸びたといういきさつがあります。

「たけのこの里」と「きのこの山」の違い!

「たけのこの里」「クッキーとチョコでたけのこを形どったお菓子」です。

「きのこの山」「クラッカーとチョコできのこを形どったお菓子」です。

まとめ

今回は「たけのこの里」「きのこの山」の違いをお伝えしました。

「たけのこの里はクッキー」「きのこの山はクラッカー」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典