スポンサーリンク

「ため息」と「深呼吸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ため息」と「深呼吸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ため息」「深呼吸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ため息」とは?

「ため息」の意味と使い方について紹介します。

「ため息」の意味

「ため息」「ためいき」と読みます。

意味は「気苦労や失望、または緊張た解けた時や感動した時などに、思わず息を大きく吐くこと」です。

「ため息」の使い方

「ため息」は、不安や悩みなどが蓄積した時や、大きく失望した時、又は、緊張が解けてホッとした時や、深く感動した時など、心の動きに合わせて思わず息を大きく吐くことを言います。

「ため息」は漢字で「溜息」と書き、「溜める」「蓄積する」という意味です。

人は良いこと、悪いことに関わらず、精神的に大きく動揺した場合、緊張からこ呼吸が浅くなります。

「息を溜める」状態になるのですが、それが解けた瞬間に思わず大きく息を吐くのが「ため息」なのです。

「ため息」は、「ため息を吐く(つく)」と使われ、「吐く」「息を吐き出す」という意味です。

「深呼吸」とは?

「深呼吸」の意味と使い方について紹介します。

「深呼吸」の意味

「深呼吸」「しんこきゅう」と読みます。

意味は「ゆっくりと大きく息を吸ったり吐いたりすること」です。

「深呼吸」の使い方

「深呼吸」「大きくゆっくりと、息を吸ったり吐いたりすること」です。

激しい運動をした後や、精神的に動揺している時などに、呼吸を整えて気持ちを落ち着かせる為にします。

人は激しい運動をしたり、興奮したりすると交感神経が活性化されて、脈拍が上がります。

これを落ち着かせる為には副交感神経を優位にする必要があり、「深呼吸」をすることで自律神経を刺激して、副交感神経を活性化させられるのです。

「ため息」と「深呼吸」の違い!

「ため息」「心の動きに合わせて、思わず息を大きく吐くこと」です。

「深呼吸」「ゆっくりと大きく息を吸ったり吐いたりすること」です。

まとめ

今回は「ため息」「深呼吸」の違いをお伝えしました。

「ため息は息を大きく吐く」「深呼吸は息をゆっくりと吸ったり吐いたりする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典