スポンサーリンク

「どうかなさいましたか」と「いかがなさいましたか」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「どうかなさいましたか」と「いかがなさいましたか」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「どうかいたしましたか」「いかがなさいましたか」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「どうかいたしましたか」とは?

「どうかいたしましたか」は、「どうかなさいましたか」の誤用です。

「いたす」は謙譲語であり、人に対して使う言葉ではありません。

因みに、「どう」「ものごとの成り行きや状態、不明な内容などを示す表現」で、丁寧語ではないので、相手に敬意を表す時には下で紹介する「いかがなさいましたか」が正しい表現です。

「いかがなさいましたか」とは?

「いかがなさいましたか」は、「丁寧に相手に意見や様子をたずねること」という意味です。

「いかが」は上記で紹介した「どう」を丁寧に表した言葉、「なさいます」「する」の尊敬語です。

「いかがなさいましたか」は、何らかの用件があって相手が自分に接してきた時に、相手の様子を訊ねる意味で使われることが多い言葉です。

ビジネスの場合は相手が目上の人や顧客の場合が多いので、覚えておくと良いでしょう。

「どうかいたしましたか」と「いかがなさいましたか」の違い!

「どうかいたしましたか」「どうかなさいましたか」の誤用です。

「いかがなさいましたか」「丁寧に相手に意見や様子をたずねること」です。

まとめ

今回は「どうかいたしましたか」「いかがなさいましたか」の違いをお伝えしました。

「どうかいたしましたか」「誤用」「いかがなさいましたか」「丁寧にたずねる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典