スポンサーリンク

「ながら作業」と「マルチタスク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ながら作業」と「マルチタスク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「ながら作業」「マルチタスク」の違いを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

「ながら作業」とは?

何かをしながら他のことにも同時進行で取り組むことや、作業そのものを「ながら作業」といいます。

「マルチタスク」とは?

やるべき複数の物事に対して作業時間を分散しながらやり遂げることです。

「ながら作業」と「マルチタスク」の違い

ながら作業の場合、片手間にできることをいくつか同時に行っているにすぎません。

例えば、テレビでニュースを視聴しながらコーヒーを飲むことは「ながら作業」です。

一方の「マルチタスク」は、ゴールを見据えていくつかのやるべきことに対し、都度気持ちを切り替えながら取り組みます。

ファストフードのワンオペを想像してみてください。

接客、調理、会計、片付けなどを一人で何人もの役目を果たしています。

まとめ

「ながら作業」の場合、何気にそのような状態になってしまうことのほうが多く、誰にでもできてしまう容易さを特徴としています。

反対に「マルチタスク」は気力やスペックを要するので、必ずしも結果が伴うとは限りません。

同じ意味を持つ言葉と誤解しがちですが、理知的で冴えたイメージを持つ「マルチタスク」と緩いイメージを持つ「ながら作業」は、正反対の言葉であるといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典