スポンサーリンク

「なしよりのあり」と「ありよりのなし」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「なしよりのあり」と「ありよりのなし」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「なしよりのあり」「ありよりのなし」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「なしよりのあり」とは?

「なしよりのあり」は、「なしの要素があるけれども、結論としてあり」という意味です。

完全に「あり」とは言えず、「なし」だと思う点もあるけれども、総合的には「あり」と判断することを言います。

主に大学生が使う言葉で、全面的に賛成できない気持ちなどを遠まわしに表現する言葉です。

因みに「なしよりのなし」は、「完全になし」という意味です。

「ありよりのなし」とは?

「ありよりのなし」は、「ありの要素があるけれども、結論としてなし」という意味です。

完全に「なし」とは言えず、「あり」だと思う点もあるけれども、総合的には「なし」と判断することを言います。

全面的に否定するのは申し訳ないという気持ちから、相手に配慮して遠まわしに表現する言葉です。

因みに「ありよりのあり」は、「文句なくあり」という意味です。

「なしよりのあり」と「ありよりのなし」の違い!

「なしよりのあり」「なしの要素があるけれども、結論としてあり」です。

「ありよりのなし」「ありの要素があるけれども、結論としてなし」です。

まとめ

今回は「なしよりのあり」「ありよりのなし」の違いをお伝えしました。

「なしよりのありは結論としてあり」「ありよりのなしはなしは結論としてなし」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典