「にわか雨」と「ゲリラ豪雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「にわか雨」と「ゲリラ豪雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「にわか雨」「ゲリラ豪雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「にわか雨」とは?

「にわか雨」の意味と概要について紹介します。

「にわか雨」の意味

「にわか雨」「にわかあめ」と読みます。

意味は「突然降り出して、すぐに止む雨のこと」です。

「にわか雨」の概要

「にわか雨」は、晴れていたと思ったら、突然雲が出てきて雨が降り出し、すぐにやむ雨のことを言います。

雨の強さや降る量の基準は特になく、強くても弱くても「にわか雨」と言います。

目安となるのは「振り出してから30分以内にやむ」という点です。

「にわか」は漢字で「俄か」と書き、「急にものごとが起きる様」「だしぬけ」「突然」という意味です。

つまり、「急に降る雨」は全て「にわか雨」と言うのです。

因みに「にわか雨」は気象用語では「驟雨(しゅうう)」と言う現象の一つです。

「驟雨(しゅうう)」は、積乱雲により生じる急激な雨のことを言います。

「ゲリラ豪雨」とは?

「ゲリラ豪雨」の意味と概要について紹介します。

「ゲリラ豪雨」の意味

「ゲリラ豪雨」「げりらごうう」読みます。

意味は「局地的に集中して降る非常に強い雨のこと」です。

「ゲリラ豪雨」の概要

「ゲリラ豪雨」は、局地的に集中して降る非常に強い雨のことで、都市部に見られる自然現象です。

「ゲリラ豪雨」は気象用語ではなくマスコミ用語で、最初は「局所的豪雨」と呼ばれていました。

「ゲリラ」は元々スペイン語で「機種攻撃をする小部隊」という意味で、予測が出来ず、突然激しく襲いかかる様に降る雨であることから「ゲリラ豪雨」と呼ばれているのです。

都市部など狭い範囲で非常に強く降る為に、河川が氾濫するなど災害になることも多くあります。

「にわか雨」と「ゲリラ豪雨」の違い!

「にわか雨」「突然降り出して、すぐに止む雨のこと」です。

「ゲリラ豪雨」「局地的に集中して降る非常に強い雨のこと」です。

まとめ

今回は「にわか雨」「ゲリラ豪雨」の違いをお伝えしました。

「にわか雨は突然降る雨」「ゲリラ豪雨は局地的な強い雨」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典