スポンサーリンク

「にわか雨」と「夕立」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「にわか雨」と「夕立」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天気予報などでよく耳にする「にわか雨」「夕立」は、何が違うのでしょうか。

両者の違いを詳しく説明します。

スポンサーリンク

「にわか雨」とは?

地域的に散発する雨のことで、一過性のものを指します。

驟雨(しゅうう)の一種です。

驟雨とは、対流性の雲から降る雨のことで、突然降り始め、止むことが特徴です。

驟雨のなかで、短時間で止むものを「にわか雨」といいます。

「にわか雨」には、「一時的に降る雨」という意味が含まれるので、晴れと驟雨が繰り返すような場合には、用いられません。

「夕立」とは?

夏の午後から夜までに降る一時的な雨のことを指します。

気象学的には、独立している現象と定義されているわけではありませんが、発生する時間帯、季節などが特徴的で、一般的によく知られているため、天気予報でも使われています。

夏の夕方に、にわか雨が急に降りだす現象で、雷や突風、雹(ひょう)などを伴うこともあります。

降った後は、短時間で止むことが特徴です。

また、夏(晩夏)の季語として使われています。

「にわか雨」と「夕立」の違い

「にわか雨」とは、突然降ってすぐに止んでしまう雨を指し、季節に関わらず使用できます。

「夕立」は、夏の午後に降るにわか雨のことです。

よって、「夕立」「にわか雨」に含まれます。

「にわか雨」「夕立」も、俳句に使われる言葉ですが、「にわか雨」は一年じゅうなので季語としては使われないのに対し、「夕立」は夏の季語です。

「まとめ」

「夕立」は、夏の午後に降る特徴的な雨のことで、「にわか雨」の一種です。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典