スポンサーリンク

「ひとまず安堵する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひとまず安堵する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ひとまず安堵する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひとまず安堵する」とは?意味

「ひとまず安堵する」とは、「ひとまずあんどする」と読みます。

「ひとまず」とは、今後の事はさておき一旦ここで区切りをつけると言う意味で、「安堵する」とは、気がかりだった事が解消されて安心するという様子を表している言葉です。

そのため「ひとまず安堵する」とは、とりあえず区切りがついて安心するという意味を持ちます。

「ひとまず安堵する」の概要

「ひとまず」とは、「一先ず」とも表され、とりあえず区切りがついた事を示す言葉です。

そのため、安心するという意味である「安堵する」と合わさる事で、「とりあえず区切りがついて安心する」という意味になります。

とりあえずという言葉が表現しているように、問題が100%解決された状態ではないという事を注意する必要があります。

不安や心配していた事の一部が解消されて、とりあえず安心できたという場面で使用される言葉です。

「ひとまず安堵する」の言葉の使い方や使われ方

「ひとまず安堵する」が使用される場面としては、いくつかの問題や心配があった事について、その心配や問題についていくつか解決し、とりあえず一区切りし安心した場合に「ひとまず安堵した」と使用されます。

そのため、完全に物事が解決した場合には「ひとまず安堵する」とは使用されません。

「ひとまず安堵する」を使った例文

・『明日までに仕上げなければいけない作業の半分が終了し、ひとまず安堵した』

・『ネットで購入した商品が、発送日未定と表示されていて不安だった。

しかし、本日発送日が更新されていたので、ひとまず安堵した』
・『ワクチンの予約ができたので、ひとまず安堵した』
・『母の手術が成功し、ひとまず安堵する事ができたが、この先のリハビリが重要だ』

「ひとまず安堵する」の類語や言い換え

「ひとまず」という言葉の類語としては、「とりあえず」「一旦」「さしあたって」などが挙げられます。

「安堵する」の類語としては、「安心する」「ほっとする」「胸をなでおろす」などが当てはまります。

このように、「ひとまず」「安堵する」には、類語や言い換えが多く、言葉によっては敬語ではなかったり、使い過ぎるとしつこく感じたりする場合もありますので、場面や状況によって使い分ける必要があります。

まとめ

「ひとまず安堵した」とは、とりあえず区切りがついて安心したという意味となっています。

物事の心配ごとや問題について、100%解決したとは言えないが、とりあず区切りがついて安心したという場合に「ひとまず安堵した」と使用されます。

そのため、全ての事柄において解決した状態ではないという事を理解しておく必要があります。

「ひとまず」「安堵」には他にも類語や言い換えなどもありますので、場面によって使い分けるのがよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典