スポンサーリンク

「ほとぼりが冷める」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ほとぼりが冷める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ほとぼりが冷める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ほとぼりが冷める」とは?意味

高ぶった感情のなごりが鎮まること、事件などがあった後の世間の関心が薄まることです。

「ほとぼり」には、高ぶった感情のなごり、事件などがあった後の世間の関心という意味があります。

「なごり」とは、ある物事が過ぎ去った後にも、まだ影響が残っていることです。

つまり「ほとぼり」は、高ぶった感情の影響がまだ残っている状態や、事件が解決した後のまだ世間に関心が残っている状態を指します。

「冷める」とは、高ぶった気持ちが衰えること、薄くなることです。

こういったことから、「ほとぼりが冷める」とは、高ぶった感情のなごりや、事件がおさまった後の世間の関心が衰える、薄くなるという意味になります。

「ほとぼりが冷める」の概要

高ぶった気持ちをいつまでも保ち続けるのは難しいです。

時間が経てば、あるいは何かの働きかけをすれば、この言葉が指す状態になります。

夫婦喧嘩をしたとします。

どちらも喧嘩をした直後には、カンカンに怒っていました。

しかし、時間が経って冷静に考えてみると「あんなつまらないことで喧嘩するなんて」という気持ちになってきました。

どちらも相手のことを嫌っているわけではないので、できれば仲直りをしたいです。

次第に「許してもいいかな」という気持ちになってきました。

最初はカンカンに怒っていた、つまり気持ちが高ぶっていた状態でしたが、それが時間の経過によって鎮まってきています。

このさまを意味する言葉です。

今度はオリンピック後のスポーツブームのことで考えてみます。

オリンピックなど世間が注目するスポーツで選手が活躍をすると、そのスポーツをする人のことをかっこいいと思い、そのスポーツをやりたいと思う人が増えることがあります。

これまで関心を持たれなかったものが、急に注目されはじめるのです。

そして、そのスポーツをする人の数が急激に増えます。

しかし、これは一時的なことがあります。

関心がもたれていたものが、そうではなくなってくるのです。

子供が「やりたい、やりたい」といっていたのに、いつの間にか言わなくなるなどです。

このさまをこの言葉は意味しています。

「ほとぼりが冷める」の言葉の使い方や使われ方

高ぶっていた感情や世間の関心などが、衰えること、薄くなることを指して使用します。

感情については、高ぶったものだけに使用をします。

冷静になっているものが、さらに気分が沈んだということには使用しません。

「ほとぼりが冷める」の類語や言いかえ

「気持ちが鎮まる」「関心が薄れる」が似たような意味の言葉です。

「鎮まる」とは、勢いがあったものの勢いがなくなることです。

気持ちに勢いがあったもの、つまり高ぶっていた気持ちが落ち着いてくることを「気持ちが鎮まる」といいます。

「関心」とは得に心をひかれることです。

心をひかれていたけれど、そうではなくなってきたことを「関心が薄れる」といいます。

まとめ

高ぶっていた感情、世間の関心が薄れてくることを意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典