「みかん」と「オレンジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「みかん」と「オレンジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「みかん」「オレンジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「みかん」とは?

「みかん」の意味と概要について紹介します。

「みかん」の意味

「みかん」は、「インド原産で、中国を通して日本に伝わった果物のこと」です。

「みかん」の概要

「みかん」は、インドが原産地の柑橘類で、中国に伝わり品種改良されて日本に伝わったもののことを言います。

日本で一般的に食べられているのは温州(うんしゅう)みかんという種類で、温州とは中国でみかんの生産地として知られている地名のことす。

日本で収穫されている「愛媛みかん」「有田みかん」なども、温州みかんを品種改良したものです。

みかんは「皮が薄くてむきやすい」という特徴があります。

中の袋も柔らかく、人によってはそのまま食べます。

また、種がないので食べやすく、「こたつにみかん」は日本のお正月の風物詩となっています。

「オレンジ」とは?

「オレンジ」の意味と概要について紹介します。

「オレンジ」の意味

「オレンジ」「インド原産で、ヨーロッパを通じて日本に伝わった果物のこと」です。

「オレンジ」の概要

「オレンジ」もインドが原産地の柑橘類で、元となる種は「みかん」と同じです。

元の種がヨーロッパに伝わり、品種改良されて日本に伝わりました。

現在日本に流通しているの「バレンシアオレンジ」という品種が多くなります。

オレンジは「皮が厚くてむきにくい」という特徴があります。

これは、ヨーロッパの乾燥した地域で栽培されていたので、中味を守る為に皮が厚い必要があるからです。

また、香りが強く味が濃厚で、食後のデザートなどに食べられます。

「みかん」と「オレンジ」の違い!

「みかんは」は「インド原産で、中国を通して日本に伝わった果物のこと」です。

「オレンジ」「インド原産で、ヨーロッパを通じて日本に伝わった果物のこと」です。

まとめ

今回は「みかん」「オレンジ」の違いをお伝えしました。

「みかんは中国から」「オレンジはヨーロッパから」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典