「やばい」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「やばい」について

「やばい」という言葉は耳にしたことはあるでしょう。

よく普段使いする言葉なので、ここで一度、使い方と意味など理解しておきましょう。

いくつか例文などご紹介するので参考にしてください。

「やばい」の意味とは

「やばい」の意味ですが、身に危険が迫るような危ないと感じた時に発するのが「やばい」と感じるなど表現されますし、ヒヤっとするようなそういう言葉の意味があります。

不都合が予測されたり、自身の心情が揺さぶられるような時など、様々な意味を踏まえた使い方があります。

「やばい」の言葉の使い方

「やばい」という言葉は幅広い年齢層の方が活用していますが、ここできちんと言葉の使い方を理解しておきましょう。

そうすることで上手に表現できるようになり、語彙力アップへとつながります。

「やばい」を使った例文

ここで「やばい」を使った例文をいくつかご紹介するので参考にしてください。

ここでご紹介した文章をご自身でアレンジして活用するなど、上手に文章作成が抵抗感なくできるようになります。

「やばい」の例文1

「この成績は、やばい。 どうにかせねば!」

この成績は、とてもひどいので、どうにかしないといけない!といった気持ちが込められています。

かなり成績が悪かった様子が伝わっているので、この「やばい」は不都合が予測されている意味を含んでいることがわかるはずです。

「やばい」の例文2

「やばい。 早くこの場から逃げよう!」

これは危険だから、この場から逃げた方が良いといった活用です。

なので「やばい」は、危険が身に迫っている様子が伝わってくるはずです。

危険なので逃げようとする様子が目に浮かびます。

「やばい」の例文3

「やばいほど美味しいアイスクリームだね」

かなり今まで食べたことがないほど美味しいアイスクリームだね!と会話している様子が伝わります。

この「やばい」は、若者がよく「やばい」と使いますが、ひどく心を揺さぶられた様子がわかる表現です。

「やばい」の英語と解釈

「やばい」の危険という意味において英語では“Dangerous”“Risky”といった表現を使います。

“Do a dangerous job” (やばい仕事をする)といった表現です。

「これはやばい!」という表現は、“Oops!”「やばい!どうしよう」“Oh my god!”など、いくつか英語での表現方法を理解しておくと便利です。

「やばい。 なんてこった!」の英語表現は“What the hell?”です。

起きた出来事に対して信じられない様子を表現したいときに用いられる英語です。

いくつか表現方法をマスターしておくと便利に使い分けることができます。

普段使いでよく用いる英語の表現になっています。

「やばい」の類語や類義表現

「やばい」の類語は「危ない・危険だ」「とても・感動する」「かなりひどい」といった意味がいくつかあるので、使い方をきちんと理解しておくことで、ワンランクアップした表現方法をマスターすることができるようになります。

「やばい」の類語「危ない」

「危ないから、この場からすぐ立ち去ろう!」とても危険な状態なので、この場から立ち去ろうといった印象です。

「やばい、この場から立ち去ろう!」と表現することも可能です。

かなり危険な状態だということが予測できる雰囲気だと読み取れます。

「やばい」の類語「感動する」

「この洋服は、感動するほど素敵なデザインです」この洋服はかなり感動するほど素敵なデザインだと伝わります。

「この洋服は、やばいほど素敵なデザインです」と表現することができます。

デザインが気に入っている様子が伝わってくる内容です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典