「やらせ」と「仕込み」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やらせ」と「仕込み」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「やらせ」「仕込み」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やらせ」とは?

「やらせ」の意味と使い方について紹介します。

「やらせ」の意味

「やらせ」は、「テレビ番組で、事実らしく見せながら実際には演技や作られた内容であること」という意味です。

「やらせ」の使い方

「やらせ」は、事実とは違う内容であることを隠して、出演者に演技させたり、違う内容をいかにも事実である様に見せかけることを言います。

特にテレビのドキュメンタリー番組で使われ、視聴者により強く印象付ける為に過剰な演出をしたり、中には事実とは異なる内容を盛り込むこともあります。

番組を制作する側が意図して行うもので、放送終了後に事実が発覚して、問題になることもあります。

出演者に実際にはなかったことを「やらせる」という意味で「やらせ」と言われる様になりました。

「仕込み」とは?

「仕込み」の意味と使い方について紹介します。

「仕込み」の意味

「仕込み」「しこみ」とよみます。

意味は「教え込むこと」「商品を仕入れること」「飲食店などで、材料を下ごしらえすること」「醸造業で、原料をまぜて桶などに入れること」「演劇の開演準備」「内部に細工すること」「その場でしか身に付けられないもの」になります。

「仕込み」の使い方

「仕込み」には数多くの意味がありますが、基本的に「準備する」という意味です。

演劇の世界では「本番前の準備全体のこと」という意味で、必要なものを必要なシーンで使える様に、しっかり準備することです。

ここから転じて、テレビなどで撮影をスムーズにする為に、打ち合わせをしっかりとしたり、小道具や衣装を揃えるという意味で使われます。

「仕込み」はそのシーンをスムーズに進める為に準備することで、内容に関することではありません。

「やらせ」と「仕込み」の違い!

「やらせ」「テレビの報道で、過剰な演出や事実にない内容を盛り込むこと」です。

「仕込み」「撮影をスムーズに進める為に準備すること」です。

まとめ

今回は「やらせ」「仕込み」の違いをお伝えしました。

「やらせは事実に反すること」「仕込みは準備」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典