「やりらふぃー」と「バカ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やりらふぃー」と「バカ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「やりらふぃー」「バカ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やりらふぃー」とは?

「やりらふぃー」の意味と使い方について紹介します。

「やりらふぃー」の意味

「やりらふぃー」とは、「TikTokで人気の曲」「転じて若者が楽しそうに過ごしている様子」という意味です。

「やりらふぃー」の使い方

「やりらふぃー」は、「TikTok」上で流れている曲の歌詞がその様に聞こえることから使われる様になった言葉です。

元はノルウェー語の曲なのですが、日本語で「やりらふぃー」に聞こえる為に言われる様になりました。

また、曲に合わせて若者たちが楽しそうに踊っている様子が注目され、「やりらふぃー」と言えば「毎日楽しそうに過ごしている若者達」という意味で使われる様になっています。

特に決まった使い方などはなく、楽しそうな人達に向かって「あいついらやりらりふぃーだな」などと使われます。

因みに、「TikTok」上で、神奈川県立田奈高校の生徒たちが「やりらふぃー」を踊っている事から、「田奈高校の校歌である」という噂もありますが、本当ではありません。

「バカ」とは?

「バカ」の意味と使い方について紹介します。

「バカ」の意味

「バカ」は漢字で「馬鹿」または「莫迦」と書きます。

意味は「知能が劣って愚かな人を見下した言葉」「社会常識に欠けている人のこと」「つまらないこと」「程度が並はずれていること」「機能が劣化すること」です。

「バカ」の使い方

「バカ」には以下の様に数多くの使い方があります。

1つ目は「愚かな人を見下した言葉」という意味で、人をののしる時や呆れた時などに「バカな奴」と使います。

2つ目は「非常識な人」という意味で、「親バカ」などに使います。

3つ目は「つまらないこと」という意味で、「バカなまねをするな」などと使います。

4つ目は「度が過ぎること」という意味で、「バカ力」などと使います。

5つ目は「機能が劣化すること」という意味で、「ねじがバカになる」などと使います。

いずれも共通しているのは「一般的な規準よりも外れている」という点です。

「やりらふぃー」と「バカ」の違い!

「やりらふぃー」「毎日楽しそうに過ごす若者達を表す言葉」です。

「バカ」「愚かな人をののしったり、呆れた時の言葉」です。

まとめ

今回は「やりらふぃー」「バカ」の違いをお伝えしました。

「やりらふぃーは楽しそうに見える時の言葉」「バカは見下したり呆れたりした時の言葉」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典