スポンサーリンク

「やるせない」と「やりきれない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やるせない」と「やりきれない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「やるせない」「やりきれない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やるせない」とは?

「やるせない」とは、思いを晴らすことができずにせつない、辛く悲しいという意味になります。

また、手段がない、どうしようもないといった意味合いもあります。

「やるせない気持ちで家に戻った」「私の存在を気づいてもらえず、やるせない」などと、使います。

「やりきれない」とは?

「やりきれない」とは、物事を最後まですることができないという意味と、耐えきれない、かなわないという意味があります。

「今日中に一人ではやりきれない、応援を頼む」「悪口ばかり聞かされて、やりきれない」などと、使います。

どちらの意味合いなのかは前後にある言葉から判断するようにしましょう。

「やるせない」と「やりきれない」の違い!

「やるせない」「やりきれない」の違いを、分かりやすく解説します。

「やるせない」とは、せつない、辛く悲しい、どうすることもできないといった意味になります。

一方の「やりきれない」とは最後まですることができない、耐えきれない、かなわないという意味です。

簡単に覚えるならば「やるせないは、辛く悲しい」「やりきれないは、最後までできない、耐えきれない」とするとわかりやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「やるせない」「やりきれない」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は、意味が違いますので混同しないように、正しく意味を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典