スポンサーリンク

「アイデンティティ」と「オリジナリティ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイデンティティ」と「オリジナリティ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイデンティティ」「オリジナリティ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイデンティティ」とは?

「アイデンティティ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「環境や時間の変化に関係なく、連続して同一状態であること」という意味で、周囲に流されない主体性のことを言います。

2つ目は「本人を証明するもの」という意味で、本人確認することを言います。

上記に共通するのは「同一である」という意味です。

「アイデンティティ」は英語の“identity”が日本語化した言葉で、「本人であること」「同一人物であること」「主体性」「自己」という意味があります。

「アイデンティティ」の使い方

「アイデンティティ」「環境や時間の変化に関係なく、連続して同一状態であること」「本人を証明するもの」という意味で使われます。

日本語では名詞として「アイデンティティを持つ・持っている」「アイデンティティを大切にする」などと使われます。

基本的に、自分の中にある、自己を確立する要素に対して使われる言葉です。

「オリジナリティ」とは?

「オリジナリティ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人並みではなく独自の新しさがあること」という意味で、考え方や行動などが斬新な様子を言います。

2つ目は「本物であること」という意味で、最初にできたものであることを言います。

上記に共通するのは「独自のもの」という意味です。

「オリジナリティ」は英語の“originality”が日本語化した言葉で、「本物であること」「独創性」「奇抜さ」「風変わり」という意味があります。

「オリジナリティ」の使い方

「オリジナリティ」「人並みではなく独自の新しさがあること」「本物であること」という意味で使われます。

日本語では名詞として「オリジナリティがある・ない」「オリジナリティ重視」などと使われます。

基本的に、その人や物にしかない独創的な要素に対して使われる言葉です。

「アイデンティティ」と「オリジナリティ」の違い

「アイデンティティ」「自分の中にある、自己を確立する要素」という意味です。

「オリジナリティ」「その人や物にしかない独創的な要素」という意味です。

「アイデンティティ」の例文

・『彼は自分おアイデンティティを大切にしている』

・『企業としてアイデンティティを確立するべきだ』

・『日本人としてのアイデンティティが足りないと思う』

・『面接で自己のアイデンティティについて質問された』

「オリジナリティ」の例文

・『この作品は原作のオリジナリティを重視している』

・『オリジナリティのあるデザインに仕上げたい』

・『もう少し商品にオリジナリティを加えて欲しい』

・『今回のコンテストではオリジナリティに富んだ作品が多かった』

まとめ

今回は「アイデンティティ」「オリジナリティ」について紹介しました。

「アイデンティティ」「自己確立」「オリジナリティ」「独創性」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典