スポンサーリンク

「アイランドキッチン」と「対面キッチン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイランドキッチン」と「対面キッチン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイランドキッチン」「対面キッチン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイランドキッチン」とは?

調理スペースの一つの形です。

壁に面することなく、調理スペースやシンクが独立して存在する形をいいます。

「アイランド」とは島のことです。

その名が示す通り、室内に島のように設置されます。

「アイランドキッチン」のよい点は3つあります。

1つめは、移動をしやすいことです。

壁に囲まれているキッチンは、壁に制限されて移動をしにくくなります。

しかし、壁のない「アイランドキッチン」ならそういったことがなく、調理スペースをぐるぐると回ることが可能です。

2つめは、複数人で調理をしやすいことです。

壁で仕切られていないため、どの場所にも立つことができます。

広いスペースが確保されており、複数人がさまざまな位置に立つことが可能です。

3つめは、コミュニケーションを取りやすいことです。

友人・知人・家族などと会話しながら調理ができます。

しかし、欠点もあります。

室内の独立した形で設置するため、設置するための広いスペースが必要です。

また、壁などで仕切られていないため、ニオイが室内に充満しやすいです。

「アイランドキッチン」の使い方

調理スペースやシンクが壁に仕切られておらず、独立した形になっているキッチンを指して使用する言葉です。

「対面キッチン」とは?

調理スペースの形の一つです。

ダイニングやリビングに対面する形で調理ができます。

「対面キッチン」には、I型、L型、アイランド型などがあります。

I型やシンクやコンロなどが一直線に並んでいるもの、L型はアルファベットのLのように並んでいるもの、アイランド型は壁に接することなく独立した形になっているものです。

形は違いますが、どれもダイニングやリビングの方を向いて調理できる形になっています。

よい点は2つあります。

1つめは、家族と会話をしながら調理できることです。

家族が集まるリビングやダイニングの方を向いて調理できるため、会話をしやすいです。

2つめは収納を増やせることです。

壁を収納スペースとして利用することができます。

しかし、欠点もあります。

壁を向いて調理するタイプのキッチンと異なり、通路となるスペースを確保する必要があります。

キッチンとリビング・ダイニングの間に仕切りがないと、油はねやニオイが気になります。

「対面キッチン」の使い方

リビングなどの方を向いて調理する形のキッチンを指して使用する言葉です。

「アイランドキッチン」と「対面キッチン」の違い

「対面キッチン」の一つの形が「アイランドキッチン」です。

「対面キッチン」というと、一部が壁に接しているものがありますが、「アイランドキッチン」は壁に接していません。

「アイランドキッチン」の例文

・『アイランドキッチンで調理をする』

「対面キッチン」の例文

・『我が家は対面キッチンだ』

まとめ

2つの言葉は、キッチンの形を指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典