スポンサーリンク

「アウティング」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウティング」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アウティング」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アウティング」とは?意味

「アウティング」は、カミングアウトという自ら自分の秘密を公開する行為の反対の意味を成す言葉で、第3者が自分以外の秘密を公開することです。

つまりは、第3者からの秘密の暴露行為が「アウティング」になります。

「アウティング」の概要

「アウティング」は、今現在においてはやってはいけない行為として挙げられており、その理由は秘密が暴露された人物の今後に関わるが故むやみやたらに第3者の秘密を公開する「アウティング」を行ってはいけないのです。

何故なら、「アウティング」は過去に一橋アウティング事件のように秘密を第3者が公開したことにより、秘密を公開されたものが自殺をしたケースも存在し、秘密が正しいか間違っているかに関係なく、公開することは犯罪であると認識されています。

例えば、秘密を公開した人物はその秘密が真実であろうとそうではなかろうと相手を傷つける行為をしたわけですから当然報いを受けますし、秘密を公開された側も実は行動を示すことができます。

それは、秘密を公開した人物の特定および、賠償責任の他、やったらやり返すことです。

つまり、「アウティング」という行為自体が秘密を公開するものとされた者にとって利益にならないが故、犯人が分かれば報復を受けるというわけです。

「アウティング」の言葉の使い方や使われ方

「アウティング」は第3者が特定人物の秘密を暴露して、事件化した場合、「アウティング事件」という言葉で使用されます。

もしくは、秘密を暴露された場合、「アウティングを受けた」と使用するケースもあります。

「アウティング」を使った例文

・『アウティング被害を訴える』

この例は、対象となる人物が、第3者により秘密の暴露を受けた例です。

このケースの場合、対象となる人物は、秘密を公開した第3者を特定後、法律による制裁を加えるか、報復という処置がとれます。

・『このアウティングの犯人はおそらく○○だ』 この例は、秘密を暴露した第3者が恐らく○○という人物であると特定している例です。

「アウティング」は秘密の暴露のことを指し、このケースにおいては犯人の目星がついている例になります。

まとめ

「アウティング被害」と呼ばれる、第3者の秘密暴露行為ですが、決してなくなることはありません。

何故なら、優秀な人物などにおいては必ずと言ってよいほどその人物を対象に弱みを探そうとする人物が存在するためです。

つまり、「アウティング」自体が人間が人間を追い落とす手段の一つとして機能しているが故、決してなくならない行為になります。

しかしながら、「アウティング」は、実は諸刃の刃で秘密を暴露した人物に目星がある、もしくは犯人であることが分かっている場合、報復や法的な処置を受けることもあり、実は秘密を暴露する側もリスキーなのです。

それでも秘密を公開して他者を陥れようとするのが人間で、秘密の暴露は人間の業の深さになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典