スポンサーリンク

「アウトプット」と「アウトカム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウトプット」と「アウトカム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アウトプット」「アウトカム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アウトプット」とは?

「アウトプット」は出力のことです。

反対語はインプットになります。

コンピューターでデータを画面に表示したり、印刷することを意味することに関して用いられていた言葉ですが、現在ではコンピュータ―以外のことでも言葉や文章などの形で外に出すことを「アウトプット」と呼んでいます。

ビジネスの場では、成果という意味でも使用されています。

「アウトプット」をするためには、知識や情報が必要です。

知識や情報を得るためにはインプットが必要です。

そのため、インプットと「アウトプット」という言葉がセットで用いられることもあります。

「アウトカム」とは?

「アウトカム」は、成果、結果のことです。

論文数や特許数などの見た目で判断するのではなく、社会にどのような影響を与えたのかという観点からの成果、結果を意味します。

「アウトプット」と「アウトカム」の違い

「アウトプット」は出力という意味と、成果という意味を持っています。

「アウトカム」は、成果、結果のことです。

どちらも成果という意味を持っているのですが、「アウトプット」は出すという行動に焦点を当てた成果であり、「アウトカム」は出すことによってそれが社会にどう影響を与えたのかに焦点を当てた成果です。

まとめ

2つは似たような意味を持っていますが、ニュアンスが異なる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典