スポンサーリンク

「アクションプログラム」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アクションプログラム」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アクションプログラム」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アクションプログラム」とは?意味

「アクションプログラム」「アクションプラン」とも呼ばれ、「政策や企画を実施するための基本方針や、それを具現化するための行動計画」を意味する言葉で、国や地方自治体や企業において使用されるカタカナ語です。

「アクションプログラム」の概要

「アクションプログラム」の英語表記は「action program」で英語としての意味も、カタカナ語として日本で定着している意味と同様です。

「アクションプログラム」「目的を遂げるための戦略・基本方針から、実施する具体的な行動内容まで、現在では幅広く計画に対してを使用される言葉」となっています。

また、当初は国の戦略に関連して使われていましたが、現在では地方自治体の政策から、企業の経営戦略等に、幅広く使われる用語となっています。

この様に、内容的に多種多様に拡大した「アクションプログラム」の概念ですが、その目的には共通性があり、これを明確化する事で、関係者の意思疎通を図り、そのベクトルを一定方向に向けたいと言う想いがあるからと言えます。

以上の様に、現在ではカタカナ語として定着している「アクションプログラム」ですが、この用語が最初に使われたのは、政府が明示した「市場アクセス改善のためのアクションプログラム」だとされており、狭義の意味ではこれを指す言葉だとされているのです。

この「市場アクセス改善のためのアクションプログラム」は1985年の中曽根政権時に提示されたもので、当時「日本の巨額の貿易黒字の原因は、日本が市場を十分に解放せずに、輸入規制を行っているからだ」と言う諸外国からの批判に対して、その改善に向けて、どの様に市場開放を進めるかの行動計画を自ら策定したものです。

「アクションプログラム」の言葉の使い方や使われ方

「アクションプログラム」の言葉は、『当社ではCO2排出削減に向けたアクションプランを策定し、強力に推進をスタートさせた。』や『当市では人口減少・人口流出が止まらず、この対策として市の魅力度アップのためにアクションプランの策定を始めた。』の様に使われます。

「アクションプログラム」の類語や言いかえ

「アクションプログラム」の類語としては、「アクションプラン」や、その内容を勘案して「基本計画」「行動計画」「具体計画」などと言い換えられます。

まとめ

「アクションプログラム」「アクションプラン」とも呼ばれ、「政策や企画を実施するための基本方針や、それを具現化するための行動計画」を意味する言葉です。

英語表記では、「action program」となり、英語での意味もほぼ同様です。

現在では、国や地方自治体や企業等の各種の団体で用いられ、また内容的にも、目的を遂げるための戦略・基本方針から、実施する具体的な行動内容・計画まで、幅広く各種の計画に対してを使用される言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典