スポンサーリンク

「アクセプト」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アクセプト」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アクセプト」の意味や使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アクセプト」とは?意味

「アクセプト」とは、承認して受け入れるという意味があり、人から頼まれたことを理解して、納得したうえで快く受け入れるとき、喜んで引き受ける人の行為を表すときに使います。

引き受けるとき、頼まれたことは自分にとって本当に良いものかを判断し、妥当なことであれば認めて許可することを「アクセプト」と言うわけです。

「アクセプト」の概要

“accept”と書いて(アクセプト)と読むこの言葉は、人からやってほしいと頼まれたことを許可し、引き受けるときに使う言葉です。

例えば「このお菓子を受け取ってください」と言われたときは「はい、喜んで」と快く受け入れますし、「招待しますので出席してください」と言われれば「分かりました」と迷うことなく受諾します。

また、隣に住む人へ届いた荷物を預かってほしいと宅配の運転手に頼まれれば忙しくても引き受ける、予定にはないのに受付係を頼まれたときも承知して引き受けるなど、いきなり頼まれたときも素直に受け入れる人の行為を表します。

しかし、不本意ながら相手の頼まれごとを容認することもありますし、十分な証拠がないのにそれを認めることも「アクセプト」と言い表し、自分が承認した気持ちを伝えられます。

「アクセプト」の言葉の使い方や使われ方

人に頼まれごとをされたとき「了解しました」と承諾したとき「アクセプトする」と使います。

主に人からやってほしいと頼まれたとき素直に受け入れる態度を言い表せますし、進んで請け負うときにも使われています。

また、情報不足である状態でも相手を信じて頼みごとを引き受けたり、本当だとは思えない状況であるけどいつも世話になっている人なので引き受けるなど素直に受け付けられない状況でも受け入れてしまう状態を言い表すときにも使われています。

他にも飲食した客がクレジットカードで払いたいと申し出たときに受け付ける店や、手形や小切手を引き受けるときにも引き受けて手続きするなど職場、受験生を受付で受理する、会員登録したいと思う人を承認するときにも「アクセプト」を使い、要望を容認したことを表します。

この言葉の反対語には「リジェクト」があり、頼まれたことを拒否するときに使い、相手を拒む態度を取ります。

類義語は「受け入れ」で、自分が相手の頼みごとを聞き入れるとき良い返事するときに使います。

「アクセプト」を使った例文(使用例)

・『10年かけて書いた小説が世の中にアクセプトされて嬉しく感じる』
・『いきなり受付係を任された私は友人の頼みとあってアクセプトした』
・『服を買いに来たお客様からクレジットカードを受け取り、会計するためにアクセプトする』
長年かけて書き上げた作品が多くの人に受け入れられたときの状況を表せる言葉になりますし、受付係として頼まれたときは快く承認して受け入れるその状況にも使える言葉です。

また、服を買いに来た人からカードを受け取り、決算を完了させるその行動も「アクセプト」になるわけです。

まとめ

研究の分野では論文が採用されたり、職場では上司が部下の作成した書類を受理する、アイドルのファンクラブに登録を受理されるたときにも「アクセプト」を使います。

様々な場所で使われるこの言葉は、相手とのやり取りを受け入れる状態を表せる言葉でもありますので、友達や家族、恋人などの頼みごとは快く「アクセプト」して、良い関係を築いてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典