「アジテート」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アジテート」

アジテートとは元は英語から来た表現で、“agitate”から来ています。

“Agitate”は動揺させるという意味を持っており、日本語のアジテートは扇動する、ある目的のために行動する、といった意味を持ち合わせています。

つまり誰かを扇動し、思いのままに行動させると言った意味があるのです。

「アジテート」の意味

アジテートは政治においてよく使われる表現です。

他の人を発信者の思うように政治活動に導くことを指しており、洗脳するという表現が類義語になります。

誰かに政治に対して関心を持ってもらいたいと思う時、ただ単に政治について語るのではなく、うまく相手に自分が思うように伝えていかなければいけません。

必要な情報のみを選び、言葉巧みに操っていくのです。

それをアジテートと言います。

「アジテート」の使い方

アジテートという表現は先ほども述べた通り、政治において使われる表現です。

例えば選挙に出ていて、有権者に自分に対して票を入れてもらいたいと思ったとしましょう。

そんな時はしっかりと戦略を立て、他の候補者に対するイメージを落としていくという事も大切になります。

例えばアメリカの大統領選挙においては、他の候補者にとってマイナスとなる情報を暴露する演説も認められています。

これこそアジテートと言えるでしょう。

「アジテート」の言葉の例文・短文

それならば、アジテートとは一体どのように使われる言葉なのでしょうか。

ここではアジテートという言葉を使った例文について紹介します。

「アジテート」の例文1

「あの人をアジテートするのは大変だよ」

確かに言葉巧みに戦略を用い、誰かを自分の思い通りに動かすという事は不可能ではありませんが、だからといって簡単ではありません。

特に人によっては非常に簡単なこともありますが、人によってはとても困難です。

客観的に物事を判断できる人ほど簡単に洗脳はされません。

そのような人はなかなかアジテートされないと言えるのです。

「アジテート」の例文2

「有権者をどのようにアジテートするかが大切です」

確かに有権者には自分たちの公約を伝え、平等に選んでもらわなければいけません。

しかしその一方で、有権者たちに良いイメージを持ってもらえるように行動することも大切です。

例えば市長選挙をする際、市民が関わるイベントなどの顔を出してこそ有権者たちに覚えてもらえますし、良いイメージを持ってもらうことができます。

そのような努力をしなければ、どれだけ良い公約を打ち出していても選んではもらえません。

「アジテート」の例文3

「政治においては人をどうやってアジテートするかが非常に重要です」

政治においては汚い戦略も使わなければいけないことがあります。

正直に人のために行動していては自分が破滅してしまう場合さえあります。

有権者をどうやってアジテートするかということのみならず、他の政治家たちをうまくアジテートすることで自分の地位を確立していかなければなりません。

人をうまく扇動できない、人をうまく動かせない、という人は政治家としては不向きだと言えるでしょう。

「アジテート」の例文4

「アメリカの大統領たちは演説を使って人をアジテートする」

アメリカの大統領たちは非常に多くの演説を行います。

就任演説、離任演説のみならず、それ以外にも大統領は演説をして人々の人々を惹きつけて行かなければいけません。

例えば、オバマ大統領は演説の達人とも言われていました。

大統領たちは演説の執筆者たちが書いた演説を読むことが多いですが、オバマ大統領は演説の中用もしっかりと鑑みており、演説の仕方も上手だったと言えます。

そのためオバマ大統領はアメリカ国内のみならず、外国からも好かれていました。

オバマ大統領は人々をしっかりアジテートできていたと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典