スポンサーリンク

「アセスメント」と「モニタリング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アセスメント」と「モニタリング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アセスメント」「モニタリング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アセスメント」とは?

「アセスメント」の意味は以下の通りです。

1つ目は「査定や評価する」という意味で、計画を実行する前に、状況や効果なにについて査定や評価することを言います。

2つ目は「介護用語で、現在の生活状況などを把握して、利用者が求めているものを正しく知ること」という意味です。

上記に共通するのは「事前に評価する」という意味です。

「アセスメント」は英語の“assessment”が日本語化した言葉で、「性質・能力・状況などの評価」「査定」「課税」という意味があります。

「アセスメント」の使い方

「アセスメント」「査定や評価する」「介護用語で、現在の生活状況などを把握して、利用者が求めているものを正しく知ること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「アセスメントを行う・行った」と使われたり、「人材アセスメント」など複合語として使われたりします。

基本的に、事前に査定や評価すること、介護用語で利用者の現状を把握して評価することに使われる言葉です。

「モニタリング」とは?

「モニタリング」の意味は以下の通りです。

1つ目は「観察して記録すること」という意味で、実際にどの様な状況か、監視しながら記録することを言います。

2つ目は「介護用語で、サービスや支援が計画通り提供されているか、利用者を見守ること」という意味です。

上記に共通するのは「観察する」という意味です。

「モニタリング」は英語の“monitoring”が日本語化した言葉で、「確認する」「監視する」「傍受する」「追跡する」などの意味があります。

「モニタリング」の使い方

「モニタリング」「観察して記録すること」「介護用語で、サービスや支援が計画通り提供されているか、利用者を見守ること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「モニタリングする・した」と使われたり、「モニタリング会議」など複合語として使われたりします。

基本的に、観察しながら記録すること、介護用語で支援されている利用者を見守ることに使われる言葉です。

「アセスメント」と「モニタリング」の違い

「アセスメント」「事前に査定や評価すること」「介護用語で利用者の現状を把握して評価すること」という意味です。

「モニタリング」「観察しながら記録すること」「介護用語で支援されている利用者を見守ること」という意味です。

「アセスメント」の例文

・『アセスメントシートを作成する』

・『環境アセスメント会議が開かれた』

・『わが社でも人材アセスメントを導入した』

・『組織アセスメントを行い適材適所を図る』

「モニタリング」の例文

・『モニタリング会議の結果を報告する』

・『引き続き利用者のモニタリングを行う』

・『会社のシステムをしっかりモニタリングするべきだ』

・『録音された音源をモニタリングする』

まとめ

今回は「アセスメント」「モニタリング」について紹介しました。

「アセスメント」「査定・評価」「モニタリング」「観察・監視」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典