スポンサーリンク

「アットホームな雰囲気」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アットホームな雰囲気」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、アットホームな雰囲気を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

アットホームな雰囲気とは?意味

アットホームな雰囲気とは、温かみがあり、寛げる自宅にいるような状況を意味しています。

優しい家族に出迎えられ、懐かしさ溢れる自宅に帰ってきたような空間という意味合いもあります。

開放感溢れるアットホームな雰囲気は人の心を掴み、落ち着かせる状況であり、疲れた気持ちを改善させるのです。

このような雰囲気の場所は人間関係も良好で、人々は争うこともなく、協調性があるのも魅力的。

職場では仕事が終わらなければみんなで協力して終わらせます。

アットホームな雰囲気の概要

“at”(アット)は「~で」と訳し、“home”(ホーム)は「家」と訳せるアットホームに「状況」と言い表せる「雰囲気」を付け足せば、「家にいるように和むさま」と表現ができます。

初めて会う人たちであるのに、どこか親や兄弟のように親しみを感じる。

そんな人たちが子供に接するかのように話しかけてくれるその状況をより分かりやすく表現した言葉なのです。

アットホームな雰囲気の言葉の使い方や使われ方

緊張感がなく、和気あいあいとしている状況のときにアットホームな雰囲気とその状況について言い表します。

この状況を作り出すのは一人だけではなく、複数の人が集まる場所であるときです。

何人も集まった場所はまるで家族が集まり、楽しく会話して、食事する自宅のような状況であるときに使う言葉になります。

ビジネスシーンでは「アットホームな職場」と表し、社員同士が手と手を取り合って一つの仕事をして助け合う。

そんな家族のような仲間意識が高い状況は素晴らしいと、良い意味で使われている言葉です。

このような職場は上司も社長も話しやすく、社員同士も仲がいい理想的な環境であるため、働きやすいところが魅力でもあります。

しかし、ときにその雰囲気は鬱陶しさを感じる社員もいて、疲れてしまう人もいます。

アットホームな雰囲気を使った例文

・もっと殺伐としているかと思いきや、アットホームな雰囲気で驚いた。

・我が社はアットホームな雰囲気の職場であるから働きやすいと評判だ。

・就職した会社はアットホームな雰囲気であるため、仕事がしにくい。

想像していたよりも和んだ状況であったとき、予想していなかったその状況に驚いてしまう人もいます。

社長が会社の良さを伝えるとき、いい雰囲気の職場で働きやすいとアピールして、仕事の依頼を増やそうと考えるのです。

しかし、ときにアットホームな雰囲気は仲間意識が強すぎるため、後から入社した社員にとって仕事がしにくくなることもあるので、職場では控えた方がいいでしょう。

まとめ

自分が行った場所の状況がアットホームな雰囲気であると、緊張感もほぐれるので話しやすく、入りやすいというメリットがあります。

このような雰囲気の職場は明るく、働く社員も助け合って仕事をしています。

ギスギスした人間関係で仕事がしにくいと悩む人は、アットホームな雰囲気の職場に転職してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典