スポンサーリンク

「アテンド」と「アサイン」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アテンド」と「アサイン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社でよく聞く言い回しには、よく分からない日本語もあります。

この記事では、「アテンド」「アサイン」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい言葉を今すぐ学習していきましょう。

スポンサーリンク

「アテンド」とは?

アテンドとは、案内やお世話をすること。

出席する、付き添うという意味でも用いられます。

「身の回りの人の面倒をみる」という意義として、つかわれます。

アテンドは英語の「attend」から生まれたカタカナ語です。

英語のアテンドは、儀式やイベントに出席するという意味で用いられます。

会議への参加、結婚式の参列などがその一例です。

日本語のアテンドはもともとの英語が、さらにボリュームアップしたもの。

イベントの案内係を務める、取引先の接待に付きそう、部長のエスコート係を買って出るときに用います。

「お世話をする」というニュアンスがより強いのが、日本語のアテンドです。

使い方としては「週末のゴルフ大会、課長のアテンドをしてもらえる?」「イベントのアテンド役をおこなうよう、上司から頼まれた」などがあります。

付き添い係や会場のエスコート役として、アテンドは使われます。

「アサイン」とは?

アサインとは命ずること。

任命や指名をおこなうことです。

適材適所にスタッフを割り当てることを、アサインと呼んでいます。

アサインも英語の「assign」という動詞からきた言葉です。

英語のassignも日本語と同じような意味があります。

仕事や係を与える、割り振るときに用います。

また人事部が社員の配属をおこなうときにも使用します。

そのため日本語でも「雇用する」という意味あいでアサインが使われることもあります。

具体的な使い方としては「新入社員として入ってきたA君を、新規プロジェクトにアサインした」「営業部にアサインすべき人材を、ピックアップしてください」「この度、支店長としてアサインされた田中です」などがあります。

参加や指名という意味でつかわれます。

「アテンド」と「アサイン」の違い

どちらも「ア」から始まるカタカナ語のため、勘違いしやすいです。

「アテンド」「アサイン」の違いを、分かりやすく解説します。

・介添えがアテンド
アテンドもアサインも同じ4文字ということもあり、ぱっと日本語に訳すのが難しいです。

そんな時にイメージしたいのがウエディング。

結婚式では介添人のことを「アテンド役」と呼んでいます。

つまり誰かのお世話を焼くことがアテンドです。

一方でアサインは「仲間入りをする」という意味でつかいます。

プロジェクトの参加、新しい役職への任命、新規雇用などはすべてアサインです。

まとめ

「アテンド」「アサイン」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも双子のように似ている言葉です。

アテンドは面倒をみる、付き添う、エスコートするという意味で用います。

対するアサインは参加する、仲間入りする、起用するという訳でつかいます。

どちらも上場企業でよく耳にする単語なので、忘れないようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典