スポンサーリンク

「アドホックモード」と「インフラストラクチャモード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アドホックモード」と「インフラストラクチャモード」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コピー機やパソコンの設定などでも、よく使われるのが「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」についてです。

この記事では、「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」の違いを分かりやすく説明していきます。

IT分野の専門用語を正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「アドホックモード」とは?

IT機器の設定時によく目にするのが「アドホックモード」です。

アドホックモードとは無線LANポイントを介さずに、ダイレクトにやり取りをおこなうことを指した言葉です。

アドホックとはラテン語から生まれた言葉で、仮の・一時的にといった意味があります。

そのためアドホックモードには、無線LANポイントなどの中継スポットをとおらずに、一時的にデータのやり取りをおこなう、直接的なやり方のことを指しています。

アドホックモードを利用したい場合は、アドホックモードの環境が整っている機器を使うことが必須です。

アドホックモードを利用するメリットとして、無線ルーターがなくてもデータの送受信ができるという点があります。

アドホックモード対応の機械同士でやり取りできるので、スマートに通信がおこなえます。

「インフラストラクチャモード」とは?

アドホックモードと反対の意味で使われるのが、インフラストラクチャモードです。

インフラストラクチャモードとは、無線LANポイントを介して通信のやり取りをおこなう、間接的なやり方のことです。

ちなみに「インフラストラクチャ」は英語から来た言葉で、基盤やインフラを意味する言葉になります。

インフラストラクチャモードではアクセスポイントと呼ばれる通過点をとおってから、データのやり取りなどをおこないます。

例えばスマホに入っている旅行の写真を、インフラストラクチャモードを使ってプリンターにデータを移したい場合。

スマホにあるデータは無線LANのポイントを通過してから、プリンターに移動していきます。

インフラストラクチャモードを利用した場合、セキュリティや速度が高くなるという見方もあります。

「アドホックモード」と「インフラストラクチャモード」の違い

通信機器の設定をおこなう場合に、「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」にすべきか求められることがあります。

「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」の違いを、分かりやすく解説します。

・アクセスポイントの有無

「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」もIT機器を接続する際の、通信方法のやり方になります。

アドホックモードではダイレクトに、機器同士を接続します。

そのため無線LANのアクセスポイントを中継地点におく必要はありません。

一方でインフラストラクチャモードでは、機器と機器の中間に無線LANのアクセスポイントを通過させる必要があります。

まとめ

とても良く似ているのが「アドホックモード」「インフラストラクチャモード」です。

どちらもプリンターやゲーム機などの接続方法のひとつ。

直接、通信機器同士をつなぐか、間接的に通信機器同士をつなぐかという違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典