「アパート」と「マンション」と「コーポとハイツ」の違いとは?

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アパート」とは?

アパートとは、1つの建物内にいくつも独立した住居が存在する「集合住宅」のことです。

「共同住宅」とも呼ばれ、どちらでも間違いではありません。

昔は分譲式(一戸ごとに販売するタイプ)のアパートもありましたが、現在ではほとんどが賃貸式(毎月家賃を支払うタイプ)だと考えていいでしょう。

後述する「マンション」と比較すると、あまり長く住むことは想定されておらず、一時的な借りの住まいとして利用すること多いと言っていいかも知れません。

「マンション」とは?

マンションも「アパート」と同様に、「集合住宅」(共同住宅)を表す言葉です。

そのアパートと比べると、建物自体の入口に(原則的に)居住者にしか解除できない仕組みのロック(いわゆるオートロック)が施されていたり、居住者が自由にりようできるエントランス空間が用意されているなど、作りが豪華なことが多くなっています。

賃貸式のマンションもあれば、分譲式のマンションも存在し、分譲式のマンションは「コンドミニアム」とも呼ばれます。

しかし、この「アパート」「マンション」の明確な区別は存在しない(法的にもありません)為、ここまでに書いてきたような特徴の違いがあることが多いとは言え、マンションだと言えばマンション、アパートだと言えばアパートなのが実情です。

「コーポとハイツ」とは?

アパートの名称で多いのが、この「○○コーポ」「○○ハイツ」です。

これらはその建物のオーナーが自由に付けることができる為、コーポと付くかハイツが付くかで何かが違うということはなく、ただの名前だと考えていいでしょう。

尚、これらの名前は比較的低層(主に三階建てまで)の建物に対して付けられる名前だと考えてください。

また、「マンション」と称している建物にはまず使われておらず、「アパート」だという響きが強い言葉です。

「アパート」と「マンション」の見た目での違い

アパートとマンションは、見た目で区別するのは難しいと言わざるを得ませんが、先に挙げた「豪華」さという点で、マンションの方が上のことが多いというくらいです。

元々、これらの厳密な区別はない為、アパートなのに入口がオートロックだったり、マンションなのにそうではないという場合も少なくありません。

その為、見た目だけで区別をするのは難しいと考えてください。

「アパート」と「コーポとハイツ」の違い

コーポやハイツは、先にも書きましたが、低層アパートに対して付けられることが多い名前です。

これらの名前が付いている集合住宅は、まずアパートだと考えることができます。

「マンション」と「コーポとハイツ」の違い

マンションにこれらの名前を付けることはまずないと言っていいでしょう。

そもそもマンションとは、要は「豪華なアパート」を指すと言っていい言葉です。

その為、アパートが連想されてしまう名前にすることは少なく、「○○パレス」「○○レジデンス」などといった、響きからして豪華さが感じられる名前にしている場合が多く見られます。

「マンション」の語源

マンションは、“manere”というラテン語が語源だとされています。

この言葉には、同言語において「長期滞在する場所」という意味があり、ここから転じて英語の“mansion”(マンション)となったと言われています。

英語で使うと「豪邸」という意味の言葉ですが、日本では、ある不動産会社がこの言葉を「豪華な集合住宅」という意味で使い出したことで、その解釈で広まりました。

「アパート」の語源

英語で集合住宅は、“apartment”と表現します。

同言語においては日本語でいう「マンション」との区別はなく、どちらもこの“apartment”と呼んでいます。

これがそのまま日本語の「アパート」の語源です。

英語で“mansion”(マンション)と言うと、先の通り「豪邸」のことになるので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典