「アビリティ」と「スキル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アビリティ」と「スキル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アビリティ」「スキル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アビリティ」とは?

「アビリティ」の意味と使い方について紹介します。

「アビリティ」の意味

「アビリティ」とが「能力」「才能」「技量」という意味です。

「アビリティ」の使い方

「アビリティ」は、英語の“ability”が日本語化した言葉で、元は「ものごとを成功させる能力や力量」「特定の分野に発揮する才能」という意味です。

現在では「スキル」と同じ様に使われていますが、「その人がどれだけの技を身に付けているか」ことではなく、「その人がどれだけの物を持っているか」という意味で使われる言葉です。

例えば、会社が人を採用する場合に、「どれだけの知識や技術があるか」だけではなく、「どれだけ期待に応えてくれそうか」という見込みで判断します。

この判断基準となるものを「アビリティ」と言うのです。

「スキル」とは?

「スキル」の意味と使い方について紹介します。

「スキル」の意味

「スキル」「訓練や経験によって身に付けた技能」「ある人が持っている技術」「腕前」という意味です。

「スキル」の使い方

「スキル」は、英語の“skill”が日本語化した言葉で、元は「技術」「熟練」「腕前」という意味です。

ビジネスでよく使われる言葉で、「その人が身に付けた高度なテクニック」のことを言います。

ある程度や期間、学んだり経験しないと身に付かない知識や技術で、同じ作業をした場合、他の人よりも明らかに優れていると判断できるものです。

「スキル」は一つのものごとに対して複数身に付けられるもので、「語学力」「パソコン能力」「プログラミング」「土木建築技術」など、その人の適性が生かされます。

「アビリティ」と「スキル」の違い!

「アビリティ」「その人が持っている能力のこと」です。

「スキル」「その人が身に付けている技術のこと」です。

まとめ

今回は「アビリティ」「スキル」の違いをお伝えしました。

「アビリティは能力」「スキルは技術」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典