スポンサーリンク

「アポイントメント」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アポイントメント」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アポイントメント」の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アポイントメント」とは?意味

「アポイントメント」とは、相手と会う日時と場所を決めて約束するという意味があります。

相手の家へ決められた日時に訪問したり、社員同士で会合するなどビジネスシーンではとくに使われる機会が多い言葉です。

大事な会議や面談などは事前に日取りを決めておくことが必要であり、多くの社員へ的確に確定した日程を伝えるためにも「アポイントメント」することは大事なことなのです。

この言葉は和製英語ですので、日本だけで通用する言葉になりますので、海外では通用しないので注意が必要です。

「アポイントメント」の概要

日本のビジネスシーンでのみ使われている“appointment”(アポイントメント)は、大事な取引先相手と面談するときや、社長と多くの社員が討論する会議の日取りを具体的に決めて、的確に伝えるという意味合いがあります。

例えば、テレアポ業務の場合は商品の説明をより詳しくするために社員が客の家で訪問する日程を具体的に決めるために「アポイントメント」するわけです。

直接家へ訪問して商品やサービスの魅力を伝える営業マンは、必ず「いつ頃ご都合がよろしいでしょうか」と相手へ電話で「アポイントメント」を取ってから行き、しっかり説明します。

このように、より相手に時間をかけて説明するため心に余裕を持ってもらえるよう空き時間を作ってもらい、交渉すればより売れるようになるわけです。

「アポイントメント」の言葉の使い方や使われ方

確実に相手と会い、商品やサービスの説明ができる時間を作ってもらうためにも事前に電話やメールなどで「約束」を取るために「アポイントメントを取る」と使います。

まずは取引したい相手に対して「いつ頃時間を作れるか」と聞き、「11月28日の13時から」と訪問すると伝えればその日時と時間に家に来てもらい、交渉できるわけです。

このように、しっかり目的がある相手と交渉するために連絡を取る行為が「アポイントメント」になり、約束を確実に取るという目的を達成するために使われています。

主に、約束する側が使う機会が多い言葉ですが、ときには「アポイントメントの電話やメールを受ける」と受ける側が使い、迷惑しているさまを言い表します。

「アポイントメント」を使った例文(使用例)

・『営業マンの私は必ず顧客にアポイントメントを取ってから訪問するようにしている』
・『大切な取引なので、必ず相手先へアポイントメントを取ってから交渉してください』
・『最近、登録したサイトからアポイントメントのメールが届いて困っている』
いきなり訪問してもたいていの人はゆっくり話を聞くことはないため商品が売れにくい現実がありますが、連絡してから行けばゆっくり商品の説明ができるため売れやすくなります。

また、職場では取引先へ会う日時や場所を連絡して、必ず会って交渉できるようにするのも仕事するうえでは大切なことです。

反対に、「会って商品の説明がしたい」「このような商品がありますが買いませんか」と売りつけるメールが頻繁に来て困る「アポイントメント」を受ける側の気持ちを言い表せる言葉にもなります。

まとめ

仕事するうえでも、友達と遊ぶときも会う日時や場所を事前に決めておかなければいつどこで会えばいいか分からず、困ってしまいます。

そのようなことがないように、人は「アポイントメント」を取り、約束して、会うわけです。

信用を得て、相手との交渉を順調に進めるためにも「アポイントメント」を取りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典