スポンサーリンク

「アルパカ」と「リャマ(ラマ)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アルパカ」と「リャマ(ラマ)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アルパカ」「リャマ(ラマ)」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アルパカ」とは?

「アルパカ」とは、偶蹄目ラクダ科の動物で、南アメリカのアンデス地方で飼育されています。

体長は2メートル、肩高1メートルほどで、「リャマ(ラマ)」と似ていますが、「アルパカ」の方が毛が長いという特徴があります。

「アルパカ」は毛の利用目的で飼育されておりその毛から、糸、織物などが作られます。

「アルパカ」の毛は光沢と弾力があり、日本でも毛糸の素材として知られています。

「リャマ(ラマ)」とは?

「リャマ(ラマ)」とは、ラクダ科の一種で草食性の動物です。

南アメリカ、アンデス地方の高地において、荷物の運搬用として使われていますが、肉は食用にもします。

「アルパカ」と「リャマ(ラマ)」の違い!

「アルパカ」「リャマ(ラマ)」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも南アメリカ、アンデス地方の高地において飼育されており、見た目も似ているのですが、用途に違いがありますので混同しないようにしてください。

「アルパカ」は毛の利用、「リャマ(ラマ)」は荷物の運搬、食用というのが大きな違いとなります。

また「アルパカ」「リャマ(ラマ)」は、搾乳はせず、ミルクの利用はないということも併せて覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「アルパカ」「リャマ(ラマ)」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

見た目が似ていますが、用途が違いますので混同しないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典