スポンサーリンク

「アロマ」と「芳香剤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アロマ」と「芳香剤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アロマ」「芳香剤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アロマ」とは?

「アロマ」とは、「主に植物・スパイスに由来する良い香り(芳香)」を意味している言葉です。

「アロマ」には「薬用香料」のニュアンスがあり、食用香料(食品から立ち上る香り)である「フレーバー」と区別されることもあります。

「アロマ」の言葉には、「芸術品などから感じ取ることができる気品・興趣」といった意味合いも持っています。

「芳香剤」とは?

「芳香剤(ほうこうざい)」とは、「消臭・脱臭をするのではなく、部屋・トイレなどに良い香りを付け加える形の薬剤やその商品」を意味している言葉です。

「芳香剤」というのは、「主に商品化されている良い香りがする薬剤」「部屋・トイレ・玄関などに漂わせる芳香(良い香り)によって、気分を良くしてくれる商品」を示しているのです。

「アロマ」と「芳香剤」の違い!

「アロマ」「芳香剤」の違いを、分かりやすく解説します。

「アロマ」「芳香剤」はどちらも「良い香り(芳香)がするもの」を意味している点では同じですが、「アロマ」というのは「嗅覚で感じ取ることができる良い香り全般」を意味しています。

「アロマ」に対して「芳香剤」というのは、「消臭・脱臭ではなく良い香りを付け加える薬剤で主に商品化されたもの」を意味している違いを指摘できます。

「アロマ」「主に植物・スパイスによって香り立つ芳香や薬用香料」「芸術品などの品がある趣き」を意味していますが、「芳香剤」のほうは「良い香りを付け加える薬剤を含む商品」を意味しているのです。

まとめ

「アロマ」「芳香剤」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アロマ」とは「主に植物・スパイスに由来する良い香り(芳香)」「芸術品などの気品・興趣」を意味していて、「芳香剤」「消臭機能はないが、良い香りをつけて気分を良くする薬剤」を意味している違いがあります。

「アロマ」「芳香剤」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典