スポンサーリンク

「アンタッチャブル」と「タブー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンタッチャブル」と「タブー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アンタッチャブル」「タブー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アンタッチャブル」とは?

「アンタッチャブル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「アンタッチャブル」「untouchable」と英語表記します。

「アンタッチャブル」には「手を付けてはいけないこと。

触れることができないこと」
という意味があります。

例えば、大物政治家が犯罪を起こしたとき、警察が捜査しようとしても、上から捜査しないようお達しがくるかもしれません。

このような政治の闇に触れるような案件は、「その問題はアンタッチャブルだから、一回の警察官が捜査できるようなことではない」などと言われることがあるかもしれません。

また「アンタッチャブル」「不可触民(ふかしょくみん」という意味があります。

「インドのカースト制で、カースト外に置かれた最下層民」という意味があります。

ただし1950年のインド共和国憲法で、身分差別が廃止されています。

さらに「アンタッチャブル」には「米国の連邦捜査局員」という意味があります。

ハリウッド映画の『アンタッチャブル』は、米国の連邦捜査官と、アルカポネの戦いを描く映画でした。

「タブー」とは?

「タブー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「タブー」「taboo」と英語表記します。

「タブー」「ある集団の中で、言ったりしてはならないこと」という意味があります。

例えば、親族経営の会社では、創業者一族が何をしても、文句を言ってはいけないという決まりがあるかもしれません。

このようなとき、「創業者一族の社員に関しては、どんなにポンコツでも文句を言うのはタブーだ」などと社員が噂しているのではないでしょうか。

また、失恋をしたことで非常に落ち込んでいる人を前にしたとき、「あの子の前で、恋愛の話をするのはタブーだよ」などと言って、気遣うことがあります。

さらに「タブー」は、「イスラム教の国で、お酒を飲むのはタブーだ」などと、宗教や風習で、「してはいけない」と決まっていることに対して使う言葉でもあります。

「アンタッチャブル」と「タブー」の違い

「アンタッチャブル」「タブー」の違いを、分かりやすく解説します。

「アンタッチャブル」には「手を付けてはいけないこと。

触れることができないこと」
という意味があります。

一方で「タブー」「ある集団の中で、言ったりしてはならないこと」という意味があります。

このように、「アンタッチャブル」「タブー」も似た意味を持ち、触れてはいけないものに対して使う言葉になります。

ただし、「タブー」は、宗教や風習についても扱うのに対して、「アンタッチャブル」は基本的に人や物に対して使う言葉という違いがあります。

まとめ

「アンタッチャブル」「タブー」の違いについて見てきました。

2つの言葉はよく似ていますが、宗教や風習の決まりなどを表現したいときは「タブー」を使うようにしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典