スポンサーリンク

「アンチ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンチ」とは意味新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アンチ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アンチ」の意味

特定の人やものを嫌い、攻撃する人のこと。

「アンチ」の解説

「アンチ」は、「特定の個人や団体、品物などを嫌い、攻撃する人のこと」という意味です。

特定の個人や会社、組織、製品や思想などが嫌いであると公言して、時には悪意のある投稿などをすることを言います。

「アンチ」は英語の「antipathy」を略した言葉で、「対抗」「嫌悪」「反感」などの意味があります。

好きではない、興味がないというレベルではなく、「嫌い」と明確に意思表示するのが特徴です。

「アンチ」の使われ方

「アンチ」「アンチ〇〇」として、ある人や集団、ものごとに反発する人に幅広く使われます。

昔からの使い方として「アンチ巨人」があり、「ジャイアンツが嫌いで、どこの球団のファンでもなく、とにかくジャイアンツに負けて欲しいと思っている人」という意味です。

また、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)では、ある人や思想などに対して批判するスレッドが立つと「アンチスレがうるさい」などと使います。

また、スラングだけではなく卓球のラケットに張るラバーに「アンチスピン」という種類があり、スピンを無効化する働きがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典