「アンチテーゼ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アンチテーゼ」

「アンチテーゼ」という言葉を聞いたことはあるかもしれません。

「アンチテーゼ」は英語から来ている言葉であり、英語では“antithesis”と言います。

「アンチテーゼ」は品詞となっています。

この「アンチテーゼ」が使われるようになった語源はドイツ語の哲学用語“antithese”になります。

アンチテーゼはテーゼの“these”の反対語“anti”のついた言葉になります。

このような由来が「アンチテーゼ」にはあります。

「アンチテーゼ」を簡単に説明するとこのような感じになります。

「アンチテーゼ」の意味

「アンチテーゼ」の意味は、“these”の反対語“anti”のついた言葉になります。

“these”「命題や主張」という意味がありますが、“anti”「反対」という意味になります。

そして、「アンチテーゼ」「テーゼ」は否定する言葉であり、また「主張」「理論」「意見」などを指す言葉にもなります。

そのため、「アンチテーゼ」の意味は「反対意見」「反対理論」「ある主張を否定する主義や姿勢」などになります。

「アンチテーゼ」は哲学的用語で「反定立」「正反合」とも呼ばれています。

「ヘーゲルの弁証法」というものに関しては、ものごとが否定というプロセスを踏んで、新しいものへと再生されることも指します。

この関係を「アンチテーゼ」という言葉で表されることもあります。

また、「アンチテーゼ」と一緒によく使われる言葉で、「アウフヘーベン」という言葉もあります。

意味は「止揚」「揚棄」と呼ばれ、対立する2つ以上のものに対して「否定を通じて1つ以上のレベルに引き上げること」を意味しています。

この言葉も一緒に覚えておくと良いです。

「アンチテーゼ」の言葉の使い方

「アンチテーゼ」という言葉を使うときには、「反対意見」を示した言葉やそれに伴った行動をしている人に対して使うことができます。

今の現代の流れに逆らっている様子や、ある事柄や意見に関して反対の意見を示していることに対して「アンチテーゼ」という言葉を使って、逆らっている様子を表現できます。

ただ、「アンチテーゼ」には「反対意見」;などの意味がありますが、悪い意味ではなく、良い意味で使うことができます。

良い意味で使うか悪い意味で使うかは本人次第になります。

また、反対意見だけを言うだけではアンチテーゼではありません。

「アンチテーゼ」を使った例文・短文(解釈)

「アンチテーゼ」をどのように使うことができるのか、例文や解釈を通して紹介していきます。

「アンチテーゼ」の例文1

「現代社会に対してアンチテーゼを唱えた歌手が多くの支持を集めている」

これは、現代社会の風潮に対して反対意見を述べた歌を歌う歌手が支持を集めていることが分かります。

歌手の歌が多くの人の意見を代弁しており、それに共感している人が多いことも分かります。

「アンチテーゼ」の例文2

「増税という動きのアンチテーゼとして多くの人は反対運動をしている」

増税という制度が動いている中、多くの人は不満で行動を起こして、アンチテーゼという言葉を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典