スポンサーリンク

「アンロック商法」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンロック商法」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームやデジタルコンテンツは色々な形態での売り方がありますが、最近トラブルが多いものとしては「アンロック商法」が存在します。

この記事では、「アンロック商法」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アンロック商法」の意味とは?

「アンロック商法」とはゲームやコンテンツを購入した際に、特定の機能やモードが制限されておりこれをプレイしたい場合には追加で料金を支払わないといけない仕組みになっているのが特徴です。

「アンロック商法」は基本的に有料で解禁されるものであり、事前にこの情報が伝わっていない場合にはトラブルが発生することが多く、ユーザーからは賛否両論が出ることでも有名です。

「アンロック商法」の概要

「アンロック商法」はよく「ダウンロードコンテンツ商法」と比較されることが多いのですが、これは内容が物理的なメディアかどうかという点が異なります。

「アンロック商法」は物理的なソフトウェアやDVDソフトに付随しているものであり、データ自体はその中に入っているのに料金を支払わないと特定のコンテンツが遊べないようになっています。

「ダウンロードコンテンツ商法」はデジタルな商品やコンテンツに使われることが多く、最初に購入したゲームやソフトにはこのデータは入っていません。

購入してからデータをダウンロードして追加するためにネタバレなどを防ぐことが可能であり、最近はネットの環境を通じての追加が簡単になったことから、多くのゲームで採用されています。

「アンロック商法」はあくまでも既存のデータを制限したものであり、データを追加する形式の「ダウンロードコンテンツ商法」と比べると不満が出やすい傾向にあります。

どちらの場合でも事前に情報を提示しない場合でのこれら商法はユーザーにとって批判が出やすいのが特徴です。

「アンロック商法」の言葉の使い方や使われ方

「アンロック商法」は本来ならばデータが入っているコンテンツやゲームの一部機能を制限したものであり、これを解放する鍵を売るという仕組みになっています。

これと比較されるものとしては「完全版商法」というものがあり、こちらは後日ゲームに新しい要素を加えた作品を発売する形式になっておりこちらも古いものを購入したユーザーからは不満が出ることが多いのが特徴です。

「アンロック商法」を使った例文(使用例)

・『アンロック商法があることが一週間前に出るのは遅すぎると思います』
・『アンロック商法が嫌になってそのゲームシリーズを購入しなくなりました』
・『ソシャゲは基本的にアンロック商法はないと言えますが、その分課金形式になっているのでお金が掛かります』

まとめ

コンテンツ制限という印象が深い「アンロック商法」はユーザー側にとって賛否両論が分かれるものであり、今日ではそれ以外の追加コンテンツ形式を採用するところが増えて消えました。

ダウンロード形式やソシャゲのアップデート課金など、デジタルコンテンツは随時新しいコンテンツが追加できるので、最近ではこちらの方が流行しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典