スポンサーリンク

「イタズラ」と「嫌がらせ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イタズラ」と「嫌がらせ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イタズラ」「嫌がらせ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イタズラ」とは?

「イタズラ」の意味と使い方について紹介します。

「イタズラ」の意味

「イタズラ」は漢字で「悪戯」と書きます。

意味は「悪ふざけをして人の迷惑になること」「触ってはいけないものをおもちゃの様にいじること」「自分のすることを謙遜して言う意味」「強制的に猥褻な行為をすること」です。

「イタズラ」の使い方

「イタズラ」は、日常では以下の2つの使い方があります。

1つ目は「人の迷惑になる様な悪ふざけをすること」という意味で、「イタズラの度が過ぎる」などと言います。

2つ目は「本来遊んではいけない物をおもちゃの様にいじること」という意味で、「子供にスマホをイタズラされる」などと言います。

上記に共通するのは、「対象となる物や人に対して興味を持ったり、気を引きたい為にする」という点です。

相手のことが嫌いでする場合と、好きでする場合があるということです。

「嫌がらせ」とは?

「嫌がらせ」の意味と使い方について紹介します。

「嫌がらせ」の意味

「嫌がらせ」「いやがらせ」と読みます。

意味は「相手の嫌がることを言ったりしたりして、わざと困らせること」です。

「嫌がらせ」の使い方

「嫌がらせ」は、わざと相手の嫌がることを言ったりしたりして、困っている様子を見て喜ぶことを言います。

例えばコンプレックスなど気にしていることをわざと人前で言ったり、持ち物を隠すなどして、困ったり焦ったりしている様子を見たり聞いたりして楽しむ悪質な行為です。

基本的に相手に対して嫉妬や相性の悪さなどから嫌いだと思っている時にする言動です。

また、「嫌がらせ」をしたことが他人にバレない様に巧妙な手口を使うこともあります。

「イタズラ」と「嫌がらせ」の違い!

「イタズラ」「人の迷惑になる様な悪ふざけをすること」です。

「嫌がらせ」「相手の嫌がることを言ったりしたりして、わざと困らせること」です。

まとめ

今回は「イタズラ」「嫌がらせ」の違いをお伝えしました。

「イタズラは相手に興味がある」「嫌がらせは相手が嫌い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典