「イデオロギー」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「イデオロギー」とは?

「イデオロギー」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

すでに一般的に広く知られているカタカナ語ですので、「イデオロギー」という言葉を何度か耳にした事があると思います。

一方で、「イデオロギー」とは何かを聞かれた時に、すぐに答えが思いつく人はそれほど多くないしょう。

このように何となく知っているけれど、意味が分からないカタカナ語は多いものです。

そこで、「イデオロギー」の意味や使い方を紹介します。

「イデオロギー」という言葉を知る事で、自分の新しい考え方が生まれてくるかもしれません。

「イデオロギー」の意味

カタカナ語のひとつ「イデオロギー」には、どのような意味があるでしょうか。

「イデオロギー」には、「思考傾向」という意味があります。

一般的に「イデオロギー」という言葉を使う時には、政治や社会思想、宗教や哲学などを指す事が多くなっています。

例えば政治に対してどう思うかという話をする時に、その人の立場が「右寄り」「左寄り」など政治傾向について話しをする事がありますが、このような政治に対する思考傾向を、「イデオロギー」と言います。

「イデオロギー」の言葉の使い方

「イデオロギー」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「イデオロギー」には、政治や社会、宗教や哲学などに関する「思考傾向」という意味があります。

具体的には、政治や社会の分野における、「民主主義」「社会主義」「男女平等」「人種差別問題について」など、「イデオロギー」と呼べるような思考傾向はたくさんあります。

そこでこのような話題を扱う時に、「イデオロギー」という言葉を使ってみましょう。

また、逆にお酒の席などでは固すぎる政治などの話はしないよう、事前に申し伝えておくために、「イデオロギー」という言葉を使いましょう。

「イデオロギー」を使った例文

「イデオロギー」を使った例文を紹介します。

様々な「イデオロギー」を使った文章を見て行きましょう。

「イデオロギー」の例文1

「私の政治的『イデオロギー』と、妻の『イデオロギー』はまるで違う」

この例文のように、夫婦とはいえ、政治的な考え方が同じとは限りません。

特に男女ですから、「男女平等」に関する考え方は、話せば話すほど乖離している事に気付くかもしれません。

そのため夫婦だからと言って、「イデオロギー」に関する話題を頻繁に持ち出さない方が無難なのかもしれません。

また極端な「イデオロギー」の違いが出ないように、結婚する前にお互いの政治に対する考え方や、宗教に関する考え方を話し合っておいた方がいいのかもしれません。

「イデオロギー」の例文2

「民主主義は、西欧諸国にとってすでに当たり前の『イデオロギー』だ」

西欧諸国の多く、さらに日本の政治的な考え方も「民主主義」を採用しています。

そのため現在、生活をしている多くの西欧諸国の人々、日本人は「民主主義」が当たり前の「イデオロギー」だと感じていると思います。

しかし、「民主主義」が採用されたのは、世界の歴史から見ると最近の話です。

また少し前までは「社会主義」の国も多く、日本でもそのような「イデオロギー」を持つ人が少なくありませんでした。

このように時代が変われば、人々の「イデオロギー」も変化する事が分かります。

「イデオロギー」の例文3

「飲み会の席では、『イデオロギー』の話を禁止します」

飲み会の席などで、政治の話や宗教について話すと、重要な問題過ぎて場が荒れてしまう傾向があります。

そのためお酒が入る場所などでは、事前に「『イデオロギー』に関する話はやめよう」と言っておく事が必要になるかもしれません。

飲み会の感じの人が、冗談めかして、この例文のようなセリフを言うと、その後の飲み会で政治の話をしたり宗教の話を持ち出す人が少なくなるかもしれません。

結果的に場が荒れず、楽しい飲み会になるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典