スポンサーリンク

「イノシシ」と「ブタ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イノシシ」と「ブタ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イノシシ」「ブタ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イノシシ」とは?

「イノシシ」とは、「乳綱鯨偶蹄目イノシシ科に分類される突進力のある野生動物」のことです。

「イノシシ」は自然界に生息している野生動物なので、土掘りや攻撃に利用できる「牙」を持っています。

「イノシシ」の特徴として、「体毛が多い、体色は茶色・黒色・褐色、一年に約5頭の子を産む(年1回だけの出産)、ブタほど胴体が長くない」などを挙げられます。

「ブタ」とは?

「ブタ」とは、「乳綱鯨偶蹄目イノシシ科に分類される人間に飼育されて家畜化した動物」のことです。

「ブタ」「食肉用・ペット用」として飼育管理されている家畜なので、イノシシのような「牙」は進化の過程で失ったと推測されています。

「ブタ」の特徴として、「体毛が少ない、体色はピンク色・白色・黒色・灰色、一年に約25頭もの子を産む子沢山(年2. 5回の出産)、胴体が長い」などが挙げられます。

「イノシシ」と「ブタ」の違い!

「イノシシ」「ブタ」の違いを、分かりやすく解説します。

「イノシシ」「ブタ」は同じ共通祖先から進化した後に系統・種が分かれた動物であるという点では外見・体格が似ていますが、「イノシシ」「共通祖先の種から自然界で生存する野生種となった動物」を意味していて、「ブタ」のほうは「共通祖先の種から人間に飼育されて食肉にされる家畜種となった動物」を意味している根本的な違いがあります。

「イノシシ」「体毛が多い、体色が茶色・褐色、一年に約5頭の子を産む、牙がある」ですが、「ブタ」のほうは「体毛が少ない、体色がピンク・白色・灰色・黒色、一年に約25頭の子を産む、牙がない」という違いも指摘できます。

「ブタ」というのは、「イノシシを家畜化することで生まれた哺乳類の種」なのです。

まとめ

「イノシシ」「ブタ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「イノシシ」とは「自然界で野生のまま生存しているイノシシ科の動物・体毛が多くて牙がある、体色が茶色や褐色をした哺乳類」を意味していて、「ブタ」とは「人間に家畜化されて食肉・ペットにされているイノシシ科の動物・体毛が少なくて温和な性格、体色がピンク色や黒色をしている哺乳類」を意味している違いがあります。

「イノシシ」「ブタ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典