スポンサーリンク

「イノベーション」と「改革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イノベーション」と「改革」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イノベーション」「改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イノベーション」とは?

「イノベーション」とは、「J. A. シュンペーターの経済発展論で提示された経済成長・社会発展のための革新や新機軸の概念」を意味している言葉です。

日本では「イノベーション」「技術革新・新機軸」と翻訳されることが多いのですが、「技術革新だけではなく、経済的・社会的に大きな発展をもたらす組織改革・人材教育・新市場・新商品・新たな価値観」を含む経済用語なのです。

「改革」とは?

「改革(かいかく)」とは、「今までの古い制度・やり方をより良いものに変えること」を意味している言葉です。

「改革」という政治用語には、「社会変動や政治危機に際して国家の基本的な仕組み・理念は変えずに、暴力的ではない方法で政治あるいは社会を改善するような変革をすること」といった意味合いもあります。

「イノベーション」と「改革」の違い!

「イノベーション」「改革」の違いを、分かりやすく解説します。

「イノベーション」「改革」はどちらも「古いものがより良いものへと変わっていく」という意味合いを持っている似た言葉ですが、「イノベーション」というのは「社会・経済を大きく変化(発展)させるような技術革新・新しい価値観・人や組織の変革・新市場(新商品)」のことを意味しています。

「イノベーション」に対して「改革」というのは、経済的・社会的に発展する変化をもたらす新機軸というよりも、「従来の法律・政治・経済の制度(やり方)をより良いものに変えること」を意味しているという違いがあります。

「イノベーション」「技術革新・組織改革などで経済や社会を発展させるもの」ですが、「改革」のほうは「政治・社会の危機や問題を乗り越えるために、非暴力的なやり方で制度を変えること」である違いを指摘できます。

まとめ

「イノベーション」「改革」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「イノベーション」とは「社会的・経済的に大きな変化をもたらす技術革新や人・組織・方法などの変革」を意味していて、「改革」とは「古い制度を改めてより良いものに変えること」を意味している違いがあります。

「イノベーション」「改革」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典