「インスタ萎え」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「インスタ萎え」

これとよく似た「インスタ映え」(いんすたばえ)という言葉は、2017年の流行語大賞にもなったほど有名ですが、こちらの「インスタ萎え」(いんすたなえ)は、翌年の2018年から序々に聞くようになりました。

どちらもインスタグラムに関連した言葉ながら、意味は全く違い、こちらはインスタ映えを目指して失敗した時に使います。

「インスタ萎え」の意味

インスタ萎えは、インスタ栄えを狙って撮った写真が実際にインスグラムやツイッターなどにアップされた後に使う言葉です。

「インスタ映え」とは、インスグラムなどの写真が自由にアップできるSNSに載せた時に映える(見た人から評価されるだろう)と思われる写真が撮影できるシチュエーション(人や物体も含む)のことで、「この風景はインスタ映えする」などと使う言葉ですが、「インスタ萎え」は、それを目指して撮ったはずが、後から見ると全然だったという時に使います。

自信満々に載せた後に、それに気付いて使う言葉なので、アップの前にあまり映えなさそうだと思って使う言葉ではありません。

「インスタ萎え」の類語と解釈

「インスタ萎え」は、もちろん「インスタ映え」が元になっている言葉です。

この言葉のように、「インスタ映え」から派生した類語をいくつか挙げていきます。

「インスタ蝿」(いんすたばえ)

インスタ映えのする写真の為に、立ち入り禁止の場所に平気で入ってしまう人や、撮影禁止の場所で隠れて写真を撮るような人を揶揄して、この「インスタ蝿」と呼んでいます。

いくらインスタ映えの為とは言っても、周りに迷惑を掛けたり、禁止されている行為は行うべきではありません。

「インスタ税」(いんすたぜい)

こちらは、インスタ栄えのする写真の為だけに、高額な物を購入したり、無理に高級なお店に入るような行為に掛ける(掛かった)お金のことです。

自分の写真が人から評価されると嬉しくなり、次々とインスタ栄えのする写真をアップしたくなる気持ちも分からなくもありませんが、その為に無駄に浪費するというのも考えものです。

「インスタ萎え」の言葉の使い方

インスタ萎えは、アップの後で「これはダメだ」と気付いた時に使う言葉です。

また、人がそのような写真を見て、「これはインスタ萎えだろう」とも使われます。

最近では、最初からこれになると分かって写真をアップし、自ら「インスタ萎えしてしまった」(本当はもっと見栄えがするはずだった)と使っていることもあります。

「インスタ萎え」を使った例文・解釈

インスタ萎えを使った例文です。

自分で使っている例と、人がそうだと思って使った例の両方を挙げていきます。

「インスタ萎え」の例文1

「うまく撮れたと思っていたのに、何故かインスタ萎えしてしまった」

撮った時にはインスタ栄えすると思った写真が、SNSに載せた後にそうだと気付いて使っている例です。

このような使い方は、自分でこの言葉を用いるケースでよく見られます。

「インスタ萎え」の例文2

「どうしてこの写真がインスタ萎えと言われるのだろう」

自分ではインスタ萎えしていると思わない写真に対して、人からそう言われてしまったという例文です。

同じ写真を見ても、評価は人それぞれ分かれるところなので、こればかりはどうにもなりません。

「インスタ萎え」の例文3

「どう見てもインスタ萎えしている写真を見付けてしまった」

人が載せた写真に対して、どう見てもインスタ萎えしていると使っています。

載せた本人がどう思っているのかは不明ですが、「これは(いかにも見栄えが悪いので)載せてはいけないだろう」と感じた写真にはこのように使います。

「インスタ萎え」の例文4

「いつもインスタ萎えするので、最近は写真をアップしていない」

インスタ栄えを狙って撮ったはずの写真が、何故かことごとくインスタ萎えするという様子が分かるようです。

そういうこともあるのが現実で、そう簡単に誰もが評価してくれるようないい写真は撮れないものです。