スポンサーリンク

「インバウンド」と「アウトバウンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インバウンド」と「アウトバウンド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「インバウンド」「アウトバウンド」の詳しい意味と違いは何でしょうか。

業界によっても少し、使われ方が違います。

スポンサーリンク

「インバウンド」とは?

「入ってくる、内向きの」という意味で、外から中に入ってくるということを表しています。

ビジネス一般では、顧客から企業に電話などを受け付ける形態を指します。

旅行などの業界では、外国からの旅行者を自分の国に呼ぶことをいいます。

通信業界では、システムやネットワークが外部からのデータを受信することを「インバウンドデータ」などといいます。

コールセンターなどでは、顧客からの電話を受ける行動を「インバウンド」と表現しています。

「アウトバウンド」とは?

「出す、外向きの」という意味で、外に出していくということを表しています。

ビジネス一般では、企業が顧客に向かって電話などで働きかける形態を指します。

旅行などの業界では、海外に行く旅行をいいます。

通信業界では、システムやネットワークから外部にデータを送信することを「アウトバウンドデータ」などといいます。

コールセンターなどでは、顧客に電話をかける行為を「アウトバウンド」と表現しています。

「インバウンド」と「アウトバウンド」の違い

外から入ってくるのか、内から外に発信するかの違いがあります。

旅行業界では、「インバウンド」は帰国便や訪日旅行、「アウトバウンド」は外国に向かう便のことを指します。

そして、コールセンターでは、電話受注を「インバウンド」、顧客への発信を「アウトバウンド」と表現します。

このように、業種によって、意味するところが違います。

まとめ

「インバウンド」「アウトバウンド」の違いについてまとめました。

外から内なのか、内から外なのか、方向性によって、戦略も違ってきます。

言葉の違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典