スポンサーリンク

「インペリアル」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インペリアル」とは?カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インペリアル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インペリアル」とは?意味

「インペリアル」は、皇帝や皇后のようにたった一つであり変わりがいない存在です。

特別扱いを受ける際に使用されることが日本では多く、スイートルームなどで、「インペリアルスイート」という風に使用されることがあります。

また、「インペリアル」という単語は複数存在することを許さず、スイートルームであれば、「インペリアル」と名の付くスイートルームは一つでなければならないという決まりがあるのです。

何故なら、「インペリアル」という言葉の定義がたった一つしか存在しない絶対的なものであるため、それらが複数あった場合、「インペリアル」という特別な存在は失われてしまいます。

「インペリアル」の概要

「インペリアル」という言葉は元々は、「インペリアル」という言葉単体で成立する物でした。

例えば、「皇室」を指す言葉は「インペリアル」に当たり、皇帝陛下や皇后もまた「インペリアル」という言葉で説明が可能だったのです。

ですが、「インペリアル」はだんだんと2つの言葉を組み合わせることで特別扱いを受ける言葉へと変化します。

これが現在でも知られている、「インペリアルスイート」「インペリアルホテル」です。

ただ、「インペリアル」には、面白い点がありまして名称として使用する場合、何故か複数存在しても許されるという問題があり、例を挙げれば帝国ホテルなどは複数存在しても「インペリアルホテル」と呼ばれるため本来複数存在することが許されないという原則から外れることが可能なのも、日本で使用されている「インペリアル」という言葉になります。

「インペリアル」の言葉の使い方や使われ方

「インペリアル」の言葉の使い方は、ホテルやスイートルームなどで特別なものに対して使用するケースが多く、皇帝や皇后のことをわざわざインペリアルとは言いません。

あくまで、自分が特別扱いを受けるサービスなどについて、「インペリアル○○」という言葉でサービスなどを示すために使用するのです。

「インペリアル」の類語や言いかえ

「インペリアル」の類語ですが、貴族のように特別な存在であるという言葉に言いかえたり類語とするのであれば、「ロイヤル」が言いかえや類語に当たります。

まとめ

「インペリアル」という言葉は、元々は工程や皇后のように一つの帝国に2つ存在することを許さないことを意味してました。

しかし、時代が進むにつれ、「インペリアル」が持つ特別であるという意味のみを強調することで「インペリアルスイート」「インペリアルホテル」のように特別であるという意味を強く強調する言葉へと変化したのです。

その為、現在の日本では、わざわざ、皇帝や皇后のような存在を「インペリアル」ということはまずなく、英語で答える場合でしか「インペリアル」という言葉を使用することはまずないと言え、日本での「インペリアル」とは、商品だったり、サービスのように物の名称を指すのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典