「ウォーミングアップ」と「クールダウン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウォーミングアップ」と「クールダウン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウォーミングアップ」「クールダウン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウォーミングアップ」とは?

「ウォーミングアップ」の意味と概要について紹介します。

「ウォーミングアップ」の意味

「ウォーミングアップ」は、「スポーツの競技や練習前に、身体の調子を整える為に行う準備運動のこと」という意味です。

「ウォーミングアップ」の概要

「ウォーミングアップ」は、スポーツの競技や練習に向けて、身体の状態を整える為に行う準備運動のことを言います。

「ウォーミングアップ」をすることで、体温を高まり血流が良くなるので、筋肉も柔らかくなり、よりスムーズに収縮が出来る様になります。

筋肉の動きが良くなればそれだけ関節の可動域が広くなり、柔軟性が高くなるのでケガをしにくくなるのです。

また、軽く体を動かすことで、競技や練習に対して心の準備を整えたり、気合いを入れたりするなど、精神的な効果も期待できます。

「クールダウン」とは?

「クールダウン」の意味と概要について紹介します。

「クールダウン」の意味

「クールダウン」は、「怒りや悲しみなどの感情を落ち着かせること」「運動後に興奮状態の身体を落ち着かせること」という意味でです。

「クールダウン」の概要

「クールダウン」には以下の2つの使い方があります。

1つ目は、「怒りや悲しみなどの激しい感情を落ち着かせること」という意味で、「会議でヒートアップしたのでクールダウンが必要だ」などと言います。

2つ目は「運動後に身体を落ち着かせる為の整理体操」という意味で、「しっかりクールダウンして練習を終了する」などと言います。

ゆっくりと呼吸しながらストレッチして、酷使して硬くなった筋肉をほぐす効果があります。

「ウォーミングアップ」と「クールダウン」の違い!

「ウォーミングアップ」「スポーツの競技や練習前に、身体の調子を整える為に行う準備運動のこと」です。

「クールダウン」「怒りや悲しみなどの感情を落ち着かせること」「運動後に興奮状態の身体を落ち着かせること」です。

まとめ

今回は「ウォーミングアップ」「クールダウン」の違いをお伝えしました。

「ウォーミングアップは準備体操」「クールダウンは整理体操」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典